京都のホテルバブルを振り返る

2020.07.12



京都のホテルバブル。

2016年頃から目に見えて盛り上がりが始まって、昨年ピークアウト。



今年になり降って湧いたコロナ感染拡大による訪日外国人の激減で、

京都のホテル投資は完全にとどめが刺されてしまいました。



ホテルバブルに合わせ、京都市内の商業地はここ数年で激上がり。



2015年に京都市内で1棟物件(京都マンション1号)を購入しましたが、

付近の土地はその後、たった数年で実勢価格が2倍以上になりました。



近隣にはたくさんの町家がありましたが、

そのほとんどが地上げされ、ホテル建設や事業用地になりました。




今でも鮮明に覚えている入札案件があります。



四条堀川の交差点角地にあり、

1階セブンイレブン、2階近畿大阪銀行の2階建て建物がありました。



2016年、この物件が入札で売却に。

当時としては破格の1000万円/坪で落札されました。



知り合いの宅建業者様と驚いたのを覚えています^^;



その後、建物は解体。




rdtfyguhij.jpg





ホテルが建設されました。




kjhgfds.jpg





2018年9月に開業。








ところが、2020年5月から休業して、そのまま6月末に閉館。

営業譲渡されるようです。




半年前までは当たり前だった常識が今では非常識に。

コロナの感染拡大は色んな常識を変えてしまいました。




『殷鑑遠からず』

いつの時代も冷静な経営判断が求められます。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラ 点検サービス

2020.07.11



各所有物件に導入している敷地内防犯カメラ。

先日、HDが壊れて遠隔で見れないトラブルがありました。



防犯カメラも機械なので当然ですが壊れます。



所有物件によってシステム導入した会社が異なるのですが、

1つのアプリ上で一括管理できるので、運営は全く支障ないです。




札幌マンション6号に導入した防犯カメラ。



設置業者さんが際立ってしっかりしていて、

雪の重みで画角が変化した場合等、いつもすぐに修正してくれます。



売りっぱなしの業者が多い中、かなり良心的対応なのですが、

今回、正式に無料点検サービスをスタートされました。



防犯カメラシステム定期点検チラシ兼申込書 (1)_p001.jpg





システム全体の動作確認や録画の保存状態など、一通りの点検を

定期的に無料で行ってくれて、メールや郵送等で報告してくれるとか。



システム導入時の価格も大事ですが、導入後のサービスはもっと大事。

特に遠隔地物件の場合は、自分がすぐに行けないので重要です。



こういった建物所有者目線の会社様とは、

末永いお付き合いをしたいものです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:20 | Comment(0) | 25.札幌マンション6号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

騙しの売物件

2020.07.10



今年も7月1日に発表された令和2年分の路線価。


『○○年連続上昇』

『バブル期以来の〇千万円台へ』








等々。

景気の良いタイトルが紙面に並んでいましたね。




注意が必要なのは、路線価の算出は1月1日時点の価格を基準にしていて、

今回のコロナ感染の影響を含んでおらず、しかも路線価自体が遅行性指標。



勉強している不動産賃貸事業者は、みな知っています。。。

ホテルやオフィスが立地する商業地を中心に値下がりしていることを。



国内に訪日外国人がほとんどおらず、テレワークが普及した現在、

当然の流れですよね。




しかし、売物件を見ていると、稀に、、、

『路線価上昇地域! 将来も資産価値大!』



といったキャッチコピーで、コロナの影響が直撃してるような物件が、

(コロナ影響前の価格水準で)平然と売りに出されています。



ほとんどは売れ残っていますが、

中にはそんな高値のままで売れていくようで。。。



情報弱者というか、、、勉強不足というか、、、

自己責任ではありますが、なかなかえげつない感じです^^;



このままだと、来年の路線価は確実に下がります。



はじめて物件購入される方は、業者様の言うことを鵜呑みにせず、

自分でも調べてみることが大切。



良心的な不動産屋も存在しますが、悪徳不動産屋も確実に存在します。



『騙された!』は通用しないのが不動産の世界。



最終判断は自分自身である、ということを絶対に忘れないでほしいです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする