中古物件の修繕はメリット?2

2018.07.22



昨日の続きです。


火災保険の『特約』。

中古物件の強い味方だと書きました。





まずは、火災保険のパンフレットを熟読してください。

そして、少しでも適用の可能性がある特約はケチらず全て付けましょう。



特約付けても大して保険料はあがりません。




特約加入によって、どんな設備トラブルや突発的な事故が対象になるか。

あらかじめ頭に入れておくことが重要だと思います。




極論を書けば、、、

設備トラブルが起こる前に予防的更新をするより、実際にトラブルが起こってから修理することで、保険適用になる可能性があります。





当方の各所有物件。

支払った火災保険料と受け取った保険金の収支を記録しています。




ある所有物件のバランスを見ると、

支払った火災保険料の約15倍の損害を補償してもらえて助かっています。




火災保険は、自動車保険の仕組みと異なり、

事故申請しても翌年の保険料が上がるということはありません。



・火災保険のパンフレットを隅々まで熟知する
・事故が起こったら、とにかく請求してみる





保険金は、その補修工事をしたかどうかで支払われるのではなく、

被害自体を算定して支払われるものです。





中古物件の修繕費リスク。

多くが火災保険でカバー出来ることを知って頂ければと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古物件の修繕はメリット?

2018.07.21



今年竣工した新築。

当たり前ですが、、、竣工後、修繕は一切ありません。




当然ですね。

新築は利回り低いですが、修繕費や設備トラブルがほぼありません。



新築投資のメリットとしてよく語られます。




しかし、あまのじゃく的発想で考えれば、、、

デメリットでもあるかなと思います。





それは火災保険の活用




新築だと火災保険の活用はなかなかありません。


火災なんてほぼ起こりえませんし、地震被害も滅多にありません。



中古物件も同じなのでは?と思われますが、、、

その通りです!








ただし、中古物件には新築にあまりない突発的な設備トラブルが起こります。


火災保険には様々な設備トラブルに対応した『特約』があります。




ある会社の一例。






ynxvmlwz,nbvsvz.jpg






各社、補償内容が異なり特約も様々。


賃貸業における設備トラブル、実はいろんなのが網羅されています。





火災保険は、この『特約』が全てだと思っています。



そして、中古物件の強い味方なんです。

長くなったので続きは次回。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:10 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新築は細部にこだわる

2018.07.20



今年竣工した札幌マンション6号。

満室後、トラブルもなく安定しています。




新築は修繕や故障がないのがメリットですね。


気が楽というか、所有していることを忘れるぐらいです。




今できることは、

定期清掃をきっちりやって綺麗な状態を保つことでしょうか。





そんな日常清掃時、

竣工時には気が付かなかった気になる場所を見つけました。






IMG_1388.JPG






よく見るとガス配管を通すために建物壁に穴を開けていますが、

穴を塞ぐカバーがなくむき出しになっています。





中古なら気にしませんが、新築なのと、プロパンガスは設備貸与なので

カバーぐらい無償で付けて欲しいなと思いました。




依頼すると即対応してくれました。






IMG_3683frfw.jpg






細かい部分ですが、せっかくの新築。

ディテールにもこだわりたいです^^




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:50 | Comment(0) | 25.札幌マンション6号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする