農地価格は右肩下がり

2020.11.30



不動産価格と言えば、宅地ばかりが話題になります。

しかし、日本には広大な農地が存在しています。



農地はあまり話題になることがないですね。

そもそも農地の値段って普段気にしないので仕方ないです。



日本農業新聞に農地価格に関する記事がありました。



農地価格下がる一方 後継者不足如実に 日本不動産研究所調査
11/30(月) 日本農業新聞



20201130-00010002-agrinews-000-1-view.jpg



農地価格の下落に歯止めがかからない。

不動産に関する調査などを手掛ける日本不動産研究所によると、2020年3月末現在の10アール当たりの価格は、田が68万9080円で前年比1・8%安、畑が42万4921円で同1・2%安。

ともに30年近く下がり続けている

担い手不足で農地の買い手が見つからないことが価格下落の背景にあるとみられる。


田の価格は1993年から28年連続の下落。

ピークだった92年の約119万円から42%も安い。

畑の価格も同様に92年から29年続けて下がり、ピークだった87年の約68万円からは38%下がった。

どちらも1976年の水準まで下落した。


農地の賃借料も同様に下落傾向で、田は10アール当たり8791円と前年比1・4%安、畑は5014円で同0・8%安だった。


同研究所が市町村などに田の価格が下落した理由を尋ねたところ、「農業後継者の減少」(21・6%)が最多で、「高齢化」(20・7%)が続いた。

畑も同様だった。

ここ数年安定していた米価が20年産で下落傾向に転じたことから、同研究所は「農地価格は今後さらに下がる可能性が高い」と見通す。


調査は同研究所が全国約1400地域を対象に実施。

宅地転用などが見込まれ高額になる東京、神奈川、大阪各都府県などは集計から除いた。




後継者不足の問題は大きいです。

しかし、それ以上に収支的な課題もあります。



「市街化区域」農地は宅地並み課税が求められた結果、

収支が合わない為に宅建業者の開発により宅地化が進んでいます。



一方、「市街化調整区域」農地は郊外にあるため移動の採算が合わない。



野菜が1個100円程度で売れても毎日のガソリン代で消える。

よほど大規模でないと採算が合わない。



これでは後継者も出てこないです。

農地法や都市計画法の見直しも必要かなと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

築古照明器具

2020.11.29



照明器具が壊れたと連絡がありました。

昔ながらの2灯式の逆富士型。




IMG_6073.jpg





2013年に購入した札幌マンション3号。

気が付けば所有期間約7年。建物は築40年になりました。



照明器具も40年経過したら壊れるのは仕方ないですね。




照明器具が壊れた階はテナントが7戸入っていますが、

購入時から空いても比較的早く入居になり、常時ほぼ満室です。



恐らく家賃と部屋広さのバランスが立地に合っているのだと思います。

あと管理会社様の努力を忘れてはいけませんね。



この建物は長期保有が前提。


DSC_0125.jpg





今の新築ではほとんど供給されないレンガ外壁が良い味出しているので、

この先、まだまだ活躍してもらう予定です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 19.札幌マンション3号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界の深い話は面白い

2020.11.28



最近、某不動産関連の大企業の方々と定期的な情報交換の場を持っています。



2020.11.27.jpg





我々不動産賃貸事業者はそのほとんどが小規模。

しかし、大手不動産会社は何千億円という大規模経営。



同じ不動産業でも、ぞれぞれが全く異なる世界のようです。



大手不動産業界のお話しは「そうなの?」で驚きの連続ですが、

逆に我々個人レベルの不動産賃貸業のお話しもかなり刺激なようで。



それぞれが刺激を貰える楽しい情報交換の場になっています。



真面目に取り組んで実績と評価を積み上げる不動産会社と、

顧客より目先の利益だけを追求し、その場しのぎで評判を落とす会社。



どの世界でも同じですね。。。



さすがに具体的に書けないですが、

知らずに分譲マンション等を買ってしまうのは恐ろしい事です。




あと関東方面で数十棟の賃貸物件と100億近い現金を持っている

個人の賃貸事業者の豪快なお話しにも驚きました。



「本物」は目立たずひっそりと事業展開していると再認識です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(3) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする