浄化槽のその後と6棟目の話

2008.06.07



昨日の浄化槽の話ですが、早速仲介会社にクレームを入れました。

仲介会社の見解としては、「瑕疵ではないか」との事でした。

つまり、今回の売買は売主が宅建業者なので、瑕疵担保責任で売主に工事をしてもらうように話してみましょうとなったのです。

しかし私の個人的な見解では、仲介会社の単なる調査不足で仲介会社に非があると思うのです。


まあ私としては、費用負担してもらえばどこでも良いのですが、、、
こちらは進展がありましたらまた結果を書きたいと思います。


ところでいきなりなのですが、実は6棟目を検討できそうな話が進展しています。
(ほんとは今回の2物件が落ち着いたら、当面買うつもりはなかったのですが、、、)


最近の不動産市況はまさに「バーゲンセール中」ですね。

売値の2割引き、3割引き、は当たり前の世界です。


先週も地元の関西で、大阪のマンション開発分譲業者「近藤産業株式会社」(東証1部上場会社ゼファーの100%子会社)が倒産しました。

市況的に、さらに投売り物件が目白押し(笑)です。

その中でも「これは!」って思えるのが1棟ありました。

大阪市内中心部の地下鉄駅徒歩1分!の立地で、築12年のRC造で表面利回りが12%あります。
この物件、積算評価額だけで売値を超えており与信を毀損する心配もありません。


以前銀行廻りをした時に、法人名義で融資してもらえる事を確認している銀行が、もう一つキープしてあるので、今週末さらに調査して、指値した値段が折りあえば、「GO」する予定です。

個人的にはかなり盛り上がっております。

しかし、さすがにこの時期からの「トリプルプラトン」作戦は無理があるかな。。。

しかも2物件で自己資金をほとんど使い果たしましたし、、、
指値に対しての回答は明日が期限なのでとりあえず待ちたいと思います。



タグ:浄化槽
posted by ゴン at 15:32 | Comment(4) | 4.大阪マンション1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする