都市銀行 融資基準がまた厳しく

2008.06.26



今日、三○住○銀行の融資担当者とTELで少し話をしました。

その中で衝撃の話が、、、

三○住○銀行のアパートローン融資基準が、またまた厳しくなるようです。


昨年12月に突然、自己資金10%以上、年収1000万円以上、金融資産1000万円以上の条件が揃っていないと本部稟議(この場合、かなり融資審査が厳しい)となりましたが、今回の改定では、これにプラスして、融資対象地域が三大都市圏(首都圏・中部圏・関西圏)に絞られるようです。


地方都市の物件でたまにある、収益還元評価額や積算評価額が売値より高い物件であっても、融資対象とならない可能性が高いのです。


他行が同様に追随するのかは不明ですが、これでは、今後ますます地方の収益物件は下落していきそうですね。。。

私が所有する物件の中で、札幌地区は収益還元評価で、土地値が安くてフルローンが出やすい地域でしたので、この数年でかなりのファンドが進出して、今や需要に対して完全に供給過剰状態です。

三○住○銀行が、本当に札幌を融資対象としないとすると、今後一気に値崩れしそうな予感がします。
同様に、仙台や福岡等の地方政令指定都市あたりも、、、



タグ:融資基準
posted by ゴン at 00:30 | Comment(8) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする