バッティングセンター

2008.07.30



たしか、約1年ぐらい前だったと思います。
土地を新たに仕入れて、RC造の収益物件新築検討をしていた事がありました。

結局この時は、土地が一番高い時期で、土地の購入コストを含めた収支が厳しい結果となって、リスクが高いと判断して断念しました。


その時に設計検討を依頼していたのが、地元の一級建築士の先生でした。
この先生は、当時すでに2棟の打ちっぱなしRC造のマンションを自己設計して建設・所有されていて、収益物件に関してすごく詳しい方でした。


この先生から、久しぶりにメールが届きました。
この先生、最近さらにバッティングセンターを開業したそうです。

一級建築士なのに、バッティングセンター?。。。
建物設計するところほとんど無いですよねェ〜?って聞いたら、「その通りだよ(笑)」って答えが返ってきました。


バッティングセンターを始めた理由は、想定利回りが良かったからだそうです。

で、実際に始めてみての感想はどうですか?って聞いたところ、一言。「たまらん」そうです。(笑)

初期投資費用は土地購入費とバッティングゲージ建設費+設備の購入費です。
土地は一等地でなくてもOKで、建設費等もマンションと比べると微微たる費用で、初期投資費用は現金購入でも検討可能な範囲なのでしょう。(というか融資は厳しい?)


そして、ランニング費用。
これが、、、ほとんど何も無いそうです。

少々の電気代+人件費(アルバイト1名)と月1回の投球マシン整備ぐらいだそうです。
あとは、ほとんどほったらかし・・・

表面利回りは30〜40%ぐらいで、ランニング費用もほどほどなので、実質利回りもかなり高そうです。

借り入れに頼ったマンション経営にこだわらない一級建築士の先生。
すばらしいな〜と感動し勉強になりました。



posted by ゴン at 16:42 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする