空港騒音対策区域

2008.11.10

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


今年、大阪の伊丹空港は第一種空港から事実上、第二種空港に格下げされました。
本来、関西空港が出来た時点で伊丹空港は閉鎖されてもおかしくなかったと思います。
それが今も残っているのは、空港関係の利益がなくなるのを恐れた地元市町村の要望が強かったから、と記憶しています。

関西空港が出来た本来の目的は、都市のど真ん中にある伊丹空港が、飛行機の騒音で問題視されていたからです。
それがいざ関西空港が出来たら、伊丹空港閉鎖に反対する地元市町村。
総論賛成、各論反対の世界ですよね。

今や、伊丹空港、関西空港、神戸空港と3空港が存在している関西地区。
個人的には空港行政のいい失敗例だと思います。
ただ、市内中心部からのアクセスは、伊丹空港が一番なのは確かです!
うまくすみわけをした名古屋を見習って欲しい。。。

話が逸れましたが、先日、
国土交通省は伊丹空港の騒音対策区域を25%削減する案を大阪府と兵庫県の各市町村に提示したようです。
2005―07年度にジェット機発着枠を縮小し、騒音が減ったのが理由だそうです。

伊丹空港の区域縮小は昭和62年、平成10年に次ぎ3回目。
飛行機自体の技術革新により、低騒音化したのも寄与しているんでしょうね〜。

この「騒音対策区域」。
一番軽い「一種区域」から順番に、「二種区域」、騒音が一番酷い「三種区域」と分かれているそうです。

今回初めて知ったのですが、一番軽い一種区域でも区域内の自宅に対して、防音サッシ、換気扇、冷暖房機(エアコン)等の施工費補助があるんですね。
さらにより騒音が酷い第二種以上の区域になると、防音壁や防音天井も補助の対象となるようです。

今回、騒音対策区域が縮小されて、この区域から外れる住民の方々は、これらの補助が出なくなるわけで、ほんとお気の毒です。。。

ところで、、、
自宅以外の賃貸マンションやオフィスビル、工場等の所有者(家主)に対しては、これらの補助が適用になるのでしょうか?
ちょっとネットをくぐって調べてみました。
が・・・・・・わかりませんでした。
スイマセン・・・^^;

もしこういった収益物件も補助の対象となるなら、区域内の地主さんが賃貸マンションやアパートを新築する時には結構助かりそうですよね。

地主様の立場で考えてみると、空港がなくなったほうが良いのか、それともこういった補助を受ける方が嬉しいのか。
どうなんでしょうね^^



タグ:空港騒音
posted by ゴン at 20:08 | Comment(8) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅の手入れ

2008.11.11

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


今日は、かなり地味なお話です^^
いつも所有している収益物件のリフォームや設備改善は良く考えているのですが、自宅の修理や掃除をあんまりしていない事に気づきました。

で、、、、
今日久しぶりに頑張ってみましたわーい(嬉しい顔)


・庭の芝刈り
実はわたくし、ちょっとした芝マニアなんですぴかぴか(新しい)
一般住宅の庭に植える芝の品種と言えば、高麗芝か姫高麗芝がほとんどだと思います。
私の自宅では、広島に本社があるゾイシアンジャパン株式会社の「ひめの」っていう品種の芝を、通信販売で購入して植えています。
校庭や河川敷等で良く使われているようです。

CA3A0134.JPG


もう季節は晩秋。
芝の色も茶色に染まってきました。


・和室の戸袋
扉のふすま紙がボロボロになっていました。
賃貸物件なら確実にクレームモノです^^;

穴も一部あったので、穴塞ぎ用の補修紙を貼って、その上から新しいふすま紙を貼りました。
この商品は、アイロンで貼り付けるタイプで、思いのほか短時間(30分ぐらい)で終了しました。

↓施工前              ↓施工後

CA3A0129.JPGCA3A0133.JPG


・退去連絡
大阪マンションで12/末退去の連絡が1室ありました。
購入後、半年ほど満室でしたのでそろそろかなぁ〜とは覚悟していました。
室内をじっくり見るのは初めてなので、楽しみでもありますひらめき
TVドアホンに取り替えたり、いろいろやってみたいなぁ〜と考えています。


タグ:自宅
posted by ゴン at 20:56 | Comment(8) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地の境界確認

2008.11.12

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


約3ヶ月前、長崎のある工務店様から連絡が来ました。
もちろん面識はありませんでした。

お話の内容を伺うと、所有する長崎アパートの隣地が売買になるらしく、長崎アパートの所有者(私)を確認したかったそうです。

????

その時はなんで連絡してきたのかを、正直、深く考えていませんでした。。。
とりあえず、当方の携帯番号とE-メールアドレスを伝えておきました。

その後、すっかり忘れていたのですが、
今日になって、その工務店様から境界に関する「現況調査平面図」なるものが写真付きで届きました。
図面の趣旨は、土地売買するための境界確認だそうです。

長崎アパートには地籍測量図が備わっているのですが、その測量図に記載されているポイントの内、3箇所の境界標が現状ありません。
その境界標のない場所で売買対象の隣地と接しています。

ちなみにこの隣地は、当地と高さ約2mのよう壁で接しており地籍測量図も備わっています。
なので基本的には、各々の地籍測量図に則って境界標を復元してやればOKかなぁ〜と思います。
しかも、隣地所有者の費用で境界標を設置してもらえる訳ですから、積極的に協力しようと思っていいですよね。

早速、工務店様へ電話で連絡を取って話し合いを持ったのですが、、、、
話を進めるうちに、下記に関して隣地所有者様に不信感が募ってきました。

@送られてきた現況図面が工務店様の作成で土地家屋調査士の作成でない事

A境界立会に関しての隣地所有者様の言い分


隣地所有者様の言い分は明日にでも書こうかなと思っているのですが、とりあえず土地の境界立会いに関して、一般的に注意する事って何があるのでしょうかね?
知り合いの不動産業者様にも聞いているところです。

こういった確認作業は、後々の為にもきっちりとやっておきたいです^^



タグ:境界
posted by ゴン at 20:03 | Comment(10) | 3.長崎アパート(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする