札幌の賃貸市況

2008.11.19

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


札幌は、やっぱり寒いです。
関西とは季節感が全然違いますね。

↓昨日の朝に散策した、北海道大学近くのイチョウ並木
CA3A0143.JPG


朝から厚めのコートをはおりながら、客付仲介会社を何社か廻ってきました。

その中で聞いた賃貸市況の情報は、結構衝撃的でした。
昨年度札幌市で新築供給された賃貸物件が約18000戸。
同じく札幌市への転入出状況は約+12000世帯で、その内、賃貸物件への入居世帯は約6000世帯。

この話が本当だと仮定すると、昨年度だけで、
新築供給 :約18000戸
新規需要 :約6000戸
新たな空室:約12000戸

という事になります。。。。
ここ数年は、某大手都市銀行の融資姿勢がイケイケだった事と、数多くのファンドが札幌をターゲットにした事が過剰供給の原因なんでしょうね。
ここ数年間でかなりの空室が積みあがり、札幌市全体での賃貸物件入居率も下がっているようです。(なんと約79%ぐらいだそうです)
さすがに今年に入ってからは、銀行の融資姿勢が変わり、供給数は大きく減っているようですが。。。。

当方の所有マンションはファミリー物件なので、まだ不幸中の幸いですが、厳しいことに変わりはありません。
しかし、、、全52世帯が満室ってある意味奇跡ですよね。
管理会社様には改めて感謝しないと・・・、と改めて思いました。

夕方には、共用部清掃の為にシルバー人材センター経由で依頼している地元の方と現地でお会いしてきました。
やはりこのマンションも、ゴミステーションの使用状態が酷いようで、清掃が大変との事でした。
札幌市のゴミ行政は、来年夏から指定ゴミ袋の採用と一部有料化に移行するので、それまでには新たな対策を打つ事でいろいろと相談させて頂きました。
地元の方のご意見は、非常に参考になりました。

夜は、現在管理委託をお願いしている管理会社の社長様と夕食を共にしてきました。
北海道の新鮮な魚介類を堪能致しました。

CA3A0146.JPG


打合せ内容は結構シリアスだったのですが、色々と深い情報交換ができてホント良かったです。
結局、夜中1時ぐらいまで話し込んでいたでしょうか。

実は以前、重大な決断をしたのですが、ちょっと迷いが出てきています。
来年春の需要期を控えている事から、遅くても年内には結論を出す旨をお伝えしてお別れしました。
うーーーん。
悩ましいです。。。。


本日は、昼から札幌の投資家様とランチをする約束をしております。
皆様とお会いできる事と、札幌の賃貸市況について色々と教えていただける事を凄く楽しみにしております。



posted by ゴン at 10:00 | Comment(14) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする