バーレーン王国

2009.01.15

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


昨日は、@takaさん、ma510さん、M本さん、M井さんの5人で、深夜12時過ぎまで4時間ほど不動産談義?を行なっていました。

今週末開札される大阪の競売で、@takaさんとma510さんが同じ物件に入札している事がわかり、各々入札価格を探りあいながら牽制し合う2人の反応が面白かったです(笑)

今週末の開札結果が楽しみです^^
皆様、昨日は有難う御座いました!



ところ、本日は不動産と関係のない話なのですが、みなさん海外旅行でいろんな場所へ行かれていますよねひらめき
私の場合も数少ないながら、仕事とプライベートで、シンガポール、韓国、ラスベガス、バーレーンに行った事があります。

この中でもバーレーンに行かれた方は、なかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?
私、2004年に仕事で4日間ほど行きました。
バーレーンは奄美大島とほぼ同じ大きさで、スンニー派約3割、シーア派約7割のアラブ人が住む島国です。

今はわからないですが、2004年当時は直行便がなく、関西空港からエミレーツ航空に乗って、ドバイ経由でバーレーンに行った記憶があります。
最近はF1なんかも開催されて、街中はそれなりに華やかだったのですが、一歩、都市の郊外に出ると360度見渡す限りの砂漠でした。

バーレーンには、見学できるような観光施設は何もありませんでした。
せっかく来たのに、仕事だけで何も見ずに帰るのも寂しいので、現地の人に、何か1つ案内してくださいヨ〜!ってお願いしたら、砂漠の中を車で60分ぐらい走って油田跡に連れて行ってくれましたあせあせ(飛び散る汗)
ほんとに観光施設、何も無いようです(笑)

ただこの油田跡、ペルシャ湾側沿岸ではじめて油田が発見された由緒ある?場所で、今は採掘されていませんでしたが、油田廃鉱跡として保存されていました。

↓油田跡                   ↓マナーマ近郊
20040002.bmp20040001.bmp


今ではいい思い出です。
不動産賃貸業をしているとこういった場所に行く事はもうないんだろうな〜。



posted by ゴン at 15:12 | Comment(20) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする