月の土地が買えます!

2009.02.28

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


いきなりですが、月の土地が買える事をご存知でしょうか?
販売しているのは、米国ルナエンバシー社。
日本にも代理店があるようです。

月の土地を販売をはじめたのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。
(現アメリカルナエンバシー社CEO)

同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べたそうです。
調査の結果、宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始したのです。

発想が凄いですよね!!

アメリカでは、1996年より本格的にネット販売を開始し、元アメリカ合衆国大統領や有名ハリウッドスター、アメリカの有名企業も次々と購入したことにより、米国内で購入者が急増したそうです。
その後、世界中において販売を続け、現在では全世界175ヶ国、約130万人の「月の土地」の所有者がおられるそうです!(内、日本人が約6.5万人)

価格も、約1200坪(サッカーグランド1個分)で3000円〜と割安です。

月の土地所有権って、サプライズプレゼントにぴったりですよね!
ホワイトデーや母の日、父の日などのプレゼントに如何でしょうかわーい(嬉しい顔)

↓ホームページはこちらです
夢のような話ですが、夢ではありません!

月の土地が買えるサイト





posted by ゴン at 19:00 | Comment(18) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする