ある転売の話

2009.08.16

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


約3年前、ある駅前の大手家電量販店が閉店しました。
敷地内に駐車場が無く、郊外型の大型駐車場併設家電量販店との競合に負けた結果でした。

このあたりの家電量販店にとって、駅前立地<敷地内駐車場の方が重要なのだと思います。

閉店した当時は、まだ築5年の鉄骨造5F建の建物でした。
その後すぐに売りに出され、地場のA不動産様が8億円で購入しました。
エスカレーター等の内装を全て撤去し、各階を独立させたテナントビルに全面改装しました。

2Fに不動産会社の支店。
3Fに生命保険会社の支店。
4〜5Fに大手塾教室がそれぞれ入店。
そして1Fには大手都市銀行が支店を構えました。
当時、支店の統廃合を進めている中での出店は異例だと思いましたひらめき

募集開始後たった3ヶ月で満室。。。
その後A不動産様は約3年間保有され、先日、ビルを1棟丸ごと売却されました。

購入者様。
4〜5Fに入居している塾の運営会社様だったそうです。
売却価格はなんと15億円
改装に3億円掛かったとしても4億円の利益

A不動産様。
立地にモノをいわせて大手都市銀行をはじめとした優良店子さんを入店させ、数年間のインカムゲインを得てから(改装費を全額回収?してから)店子さんにビル売却(キャピタルゲイン)の流れは当初からのストーリーなのでしょうか?
スケールでかいです!!

と思うと同時に、塾って儲かっているんだぁ〜と再認識しましたわーい(嬉しい顔)



posted by ゴン at 19:00 | Comment(12) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする