香港で不動産高騰

2010.01.06

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


お正月の日経新聞記事です。


<以下引用>

 中国が世界経済を牽引するエンジンになる中、香港で不動産市況の過熱感が高まっている。高級住宅の価格は昨年1年間で3割も上昇、1室4億4000万香港ドル(約52億円)もするマンションが売れた。

 各国の金融緩和であふれたマネーが流れ込み、不動産価格を実需を離れた水準にある。バブル崩壊を警戒する声も出ている。

■■■■■■■■
 不動産価格上昇の最大の要因は投資資金の流入だ。
米欧の中央銀行は景気刺激の名目で大量のマネーを市場に供給。市場にだぶつく資金が、成長が見込める香港不動産市場に押し寄せる構図だ。

 超低金利の米ドルを借りて新興国市場に投資するドルキャリー取引を使い、米欧の投資ファンドが香港で不動産投資を増やしているとの見方も強い。

 市況高騰の背景にはもう一つの理由もある。膨張する中国マネーだ。
 中国は厳しい資本移動規制を敷いている。個人投資家が自由に香港ドルを調達し、香港の不動産に投資できるわけではない。だが実態は「高級マンションの買い手の3割が中国人」(不動産仲介業者)。
 当局の厳しい目をかいくぐって人民元が大陸から香港に流入し、不動産価格の上昇を演出しているのは周知の事実だ。

 最大のリスクは米国の金利動向だろう。もし米国当局が金融政策を平時に戻す「出口戦略」の一環で利上げに踏み切れば、香港に流れ込んでいた資金が米国に逆流し、米国債などの購入に回る可能性があるからだ。資金の流出が始まれば、香港の不動産市場は一気に冷え込みかねない。

■■■■■■■■
 市場には「まだバブルには至っていない」(香港の地元証券会社)との楽観論もある。「マンションの平均価格は香港返還を控えて不動産価格が急上昇した1997年の水準に達していない」と言うのが理由だ。

 90年代後半の不動産バブルの発生と崩壊は、海外投機資金の流入と撤退が引き金になった。
この道はいつか来た道?
香港の不動産市場から今年は目が離せない。


歴史は繰り返す。。。。
ように思うのですが如何でしょうかねわーい(嬉しい顔)


<今日の言葉>
「心は身体の設計図」
治ると思えば治る。治せると信じれば治せる。
身体は心に忠実だから。すべてはあなたの思いひとつ。
たゆまぬ実践だけが、治る確率を高くする。



posted by ゴン at 20:00 | Comment(16) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする