京都戸建の内覧会

2010.01.26

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


1週間ほど前に書いた、京都戸建
2月上旬、入札(入札は業者限定)により売却が予定されている物件です。
本日、入札前の内覧会が行われるとの事で参加してきました。

路地に面した土地40坪弱の一戸建に、不動産業者様が10〜20人は群がっていました。
競争率高そうデス^^;

↓室内
CA3A0879.JPGCA3A0876.JPGCA3A0872.JPG


平成築の建物は、東南角地で日当たり最高でした。
内外装、100万円もかければ十分に綺麗になりそうですぴかぴか(新しい)


↓最大の問題点(拡大可)
CA3A0870.JPG


隣地の建物屋根が、敷地内の塀を越え、完全に越境してきています。
正確に言うと、
境界杭が一切入っていないので、どっちが越境しているか分からないと解釈した方が良いですね。。。

前回書いた取引条件以外に、落札者との契約締結の条件として、
・2月中旬現金決済
・売主は重要事項説明書に押印しません
・売主は設備表、物件状況等報告書の確認、押印をしません
・売買契約書は売主雛形を参照ください


が明記されていました。


要は、買主が自ら調査して全責任を持ちなさい(=業者様入札限定)って事ですね。
参画させて頂く予定の宅建業法人が、ちょうど2月上旬に設立予定なので、役員を含めた関係者様と相談して入札するか(する場合の入札額)を検討したいと思います。
想定売却価格とリフォーム費用、転売益をどれだけ見込むかがポイントですねわーい(嬉しい顔)


<今日の言葉>
「時は今ぴかぴか(新しい)
明日こそ、来週はきっと・・・気がつけば1年。
(私を含め)こんな人のなんと多いことか。
時は今。
今始めなければ一生できない。人生は短い。



posted by ゴン at 20:30 | Comment(12) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする