64bit機の悲劇

2010.04.24

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


昨年、わが家にやってきたウィンドウズ7のデスクトップPC。

約10年間使っているXPのデスクトップPCに変わるメインPCを探していたところ、デルHPのアウトレットコーナーで激安価格で販売されているのをたまたま見つけ即購入しました。

高性能でとっても気に入っています!

ただ1つ問題が。。。





それは64bit機である事です。

安さにつられ深く考えずに購入しましたが、64bit未対応のアプリケーションソフトやドライバーソフトが結構ある事に購入後気付きました。。。

特に、
購入直後の無線LAN子機設定にはとっても苦労しました。
当時、64bit対応品を見つける事が出来ず、32bit用商品のプログラムを、ネット情報を参考にパッチファイルをあてがって無理やり対応させました。

その後も、通信関連のアプリケーションでは多々苦労しています。

一方64bit機のメリット。
搭載できるメモリの最大容量が、32bitでは最大4GBですが、それ以上を搭載を望むなら64bitとなる事でしょうか。

最近、TVも3D時代の幕開けとなりました。
リアルさが加速する3Dグラフィックの分野が一般的になったら、たくさんのメモリーが必要となり64bit機が普及するのかな。。。

それまでは我慢ですね^^;



posted by ゴン at 11:35 | Comment(10) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする