シェアハウスへコンバージョン

2010.08.20

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!



築40年の木造アパートを大阪にお持ちの家主様。
近年の入居率が悪く、収益改善のためにシェアハウスへコンバージョンされているとの事で、お誘い頂いて工事現場を見学させて頂きました。

シェアハウス
最近、各所でよく見聞きするホットな賃貸スタイルですよね。

入居者様のメリットは、
・家賃・光熱費などの節約
・主な家電製品の用意が不要
・安全上の利点(同居人がいると安心など)
・異文化交流、語学学習(外国人がいる場合)
などでしょうか。


現場の建物はスケルトン状態で、全面改装の真っ最中でした。

CA3A0007.JPG


当初、解体しての新築アパート建設も検討されていたそうですが、既存建物をシェアハウスへコンバージョンした場合だと、約1/3の予算で出来るとの事で決断されたとか。

インテリアは、ジャパニーズレトロにヨーロピアンテイストを加えるそうです。

間取図やデッサン等の図面を拝見しましたが、広大なリビングルームやキッチン以外に、オシャレなパウダールームも設けられていました。
オシャレなオンリーワンシェアハウスになりそうな予感がプンプン☆

9月末頃に完成との事。
どのように変貌するのか、今からとっても楽しみです^^




posted by ゴン at 22:52 | Comment(4) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする