リーマンショックの後処理

2010.09.02

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!



本日のヤフーニュースで見ました。
リーマン日本法人が清算へ
東京地裁が認可、弁済率16%超に

産経新聞 9月2日(木)配信



経営破綻した米リーマン・ブラザーズの日本法人が、清算と債務弁済計画の認可を東京地裁から受けたことが2日、分かった。
11月末にも債権者に第1回の弁済を始める。
日本法人は資産売却などを進め、数年内に弁済を終える計画で、破綻時の負債総額は3兆円に上ったが、最終的な弁済率は16%を超える見通しだ。

米リーマンはサブプライム問題による金融危機で2008年9月に破綻。全世界に“リーマン・ショック”をもたらした。
これに伴い、日本法人も民事再生法の適用を東京地裁に申請し破綻した。

その後、リーマンの日本を含むアジア事業と欧州事業を野村ホールディングスが買収。日本法人は清算をのため、債務や債権の整理を進めていた。

当初は、08年12月末までに計画をまとめる予定だったが、各国の現地法人との取引の整理などに時間がかかった。
世界各国でリーマンの処理が進んでいるが、米英や香港では計画案もまとまっておらず、日本法人の処理がいち早く動き出す。


不動産投資ファンド関連。
リーマンショック以来、金融経済情勢の悪化に伴い、破綻や対象物件のパフォーマンスの低下などが原因で、デフォルト事由が発生したり、満期時の出口戦略が確定できない事例が見られます。


リーマンショックから約2年。
中国はせっせとゴールドを購入しているようですが、この先どうなるんでしょうね。。。

世界経済。
「真理」でなく投資家「心理」で動いているのが気になります。

よくわからないです。

・・・
石器時代がわかりやすくて良かったです^^




posted by ゴン at 23:06 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする