迷惑メール

2010.11.01

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


皆さん。
迷惑メール、たくさん届きませんか?


ユーザの同意なしに勝手に送られてくる、主に宣伝目的の電子メール。
インターネット上でよく知られている「スパム」と同じ意味ですね。


私の場合、フリーアドレス数個とプライベートアドレスを使い分けています。
近年は、迷惑メールを識別し、迷惑メールフォルダーに格納してくれるようになりましたね。


しかし・・・、
稀に、仕事やプライベートのやり取りで必要なメールが迷惑メールと判定されて、迷惑メールフォルダーに格納されてしまうことがあります。。。

定期的に迷惑メールフォルダー内を確認すると、必要なメールが届いていることがチラホラ^^;

困ったものです。。。


なかなか根本的な対策が難しいですよね。
迷惑メールの定義が難しいから規制も難しいのでしょうね。


なんとか改善してほしいです^^;
迷惑メールフォルダーもいきなり削除せず必ず確認しましょうね!



イベント11/13(土) 関西大家の会 第六回セミナー&懇親会

たくさんのお申込みありがとうございます!
まもなく締め切ります。
ご検討中の方はお急ぎくださいね。

↓↓↓
満席になりました。
有難うございました!




posted by ゴン at 21:23 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大規模開発で消えた山

2010.11.02

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


幼少の頃からよく通りかかった山。
この半年で崩され跡形も無くなってしまいました。。。

CA3A01751.JPG



写真だと十分に伝わらないですが、想像できないくらい広大です。
元々は数多くの野鳥が住むと言われていた自然林でした。


来年度から、順次この場所で数百世帯の大型マンションと一戸建てが建築されるとか。

電鉄会社系が行う大規模開発。
スケールが大きいです。

街の利便性があがる事は良いことですね。
ただ一方で、慣れ親しんだ自然が突然無くなり、変貌することは寂しくもあります^^;


これからの日本は人口減少時代
より自然と共生する街つくりが求められていくように思います。


ちなみに、同じ電鉄会社様の別の宅地開発事業。

戸建住宅・集合住宅から成る宅地開発プロジェクトとして全国で初めて国土交通省の「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に採択され、その先進的な内容が注目を集めています。


*国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」とは

住宅・建築物における省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、住居・生産環境の向上を図るため、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築物プロジェクトを国が公募したものです。



友人である岡山の隠密投資家さん。
将来の夢は、エコタウンを作ることだそうです。

私も将来、不動産投資家というよりは、規模は小さくても街に社会貢献できるような立場になれるとうれしいです。



posted by ゴン at 22:21 | Comment(6) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チラシ専用ゴミ箱

2010.11.03

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


一棟物のアパートやマンションには集合ポストが付き物ですよね。
ゴン不動産管理法人で自主管理している物件でも、兵庫と大阪の各マンション1F共用部に設置されています。

そこで問題となるのが、無作為に投函されるビラ。
当方の物件で特に多いのが、新築マンション、中古マンション、新築一戸建、中古一戸建、ピザ宅配ピンクチラシ。。。


ちなみに、
「チラシ投函お断り」を良く見えるように掲示されている場合。
該当場所でビラを配れば不法侵入(犯罪行為)となる最高裁の判例があります。

一応、当方の物件でも掲示はしていますが・・・、あまり効果ありません^^;

そこで、
集合ポスト近くにチラシ専用ゴミ箱を設置して各入居者様に処理して頂いています。

そのゴミ箱。
以前から汚くて気になっていたので交換しました。


↓交換前
CA3A01912.JPG


↓交換後
CA3A01932.JPGCA3A01922.JPG


45Lタイプのゴミ箱。
ニトリでフタ付980円で購入しました。

ついでに、ワードで「チラシ専用」のイラスト付張り紙を作成。
ラミネート加工してフタに貼ってみました。


満室稼動中でも、共用部改善は少しずつ実施して行きたいです^^



タグ:ゴミ箱
posted by ゴン at 19:19 | Comment(8) | 5.兵庫マンション(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物工場付マンション

2010.11.05

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


面白い記事を目にしました。

丸紅、マンションに植物工場併設 取れた野菜は住人に

2010/11/4  情報元 日本経済新聞 



丸紅は植物工場を併設したマンションの開発を始める。
ベンチャー企業と共同開発した設備を屋内の共用部に設置。
取れた野菜は住人に提供する。
少ない手間で建物内部を緑化でき、住人同士の関係づくりにも生かせると判断した。

3〜4人世帯用のマンションには今後、原則採用する方針で、物件の付加価値を高めて販売増につなげる。

植物工場はヴェルデ(神奈川県厚木市)と共同開発した。
保水性の高いコケを含む特殊な土壌を使い、発光ダイオード(LED)照明などで温度や明るさを最適に保つ。
手間をかけずに根菜や葉もの野菜を育てられるという。

まず2011年春に東京都世田谷区で着工する総戸数約60戸のマンションに設置。
設備の大きさは約4平方メートルで、各世帯に収穫した野菜を1株ずつ割り当てられる規模を想定する。
設置コストは200万円前後で、完成後はマンションの管理組合が維持管理を担う。

丸紅はマンションを年間約1千戸発売している。
マンション市場には首都圏を中心に回復の兆しが出てきたものの、開発事業者間の競争は依然激しい。
子会社が管理業務を受託しているマンションにも採用を働き掛け、物件の魅力を高める。



設置コスト200万円ならアリでしょうね^^
維持費がどれぐらいかかるのか気にはなりますが。。。

これからの分譲マンション。
付加価値が無いと売りにくい時代なんでしょう。

賃貸物件でも、家庭菜園付きアパートを見たことがありますが、分譲マンションで根付くなら、賃貸マンションでも同様の付加価値を付けた物件供給が行われてくるでしょうね。

設備仕様。
目まぐるしく進化しますね^^;



posted by ゴン at 21:58 | Comment(10) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする