植物工場付マンション

2010.11.05

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


面白い記事を目にしました。

丸紅、マンションに植物工場併設 取れた野菜は住人に

2010/11/4  情報元 日本経済新聞 



丸紅は植物工場を併設したマンションの開発を始める。
ベンチャー企業と共同開発した設備を屋内の共用部に設置。
取れた野菜は住人に提供する。
少ない手間で建物内部を緑化でき、住人同士の関係づくりにも生かせると判断した。

3〜4人世帯用のマンションには今後、原則採用する方針で、物件の付加価値を高めて販売増につなげる。

植物工場はヴェルデ(神奈川県厚木市)と共同開発した。
保水性の高いコケを含む特殊な土壌を使い、発光ダイオード(LED)照明などで温度や明るさを最適に保つ。
手間をかけずに根菜や葉もの野菜を育てられるという。

まず2011年春に東京都世田谷区で着工する総戸数約60戸のマンションに設置。
設備の大きさは約4平方メートルで、各世帯に収穫した野菜を1株ずつ割り当てられる規模を想定する。
設置コストは200万円前後で、完成後はマンションの管理組合が維持管理を担う。

丸紅はマンションを年間約1千戸発売している。
マンション市場には首都圏を中心に回復の兆しが出てきたものの、開発事業者間の競争は依然激しい。
子会社が管理業務を受託しているマンションにも採用を働き掛け、物件の魅力を高める。



設置コスト200万円ならアリでしょうね^^
維持費がどれぐらいかかるのか気にはなりますが。。。

これからの分譲マンション。
付加価値が無いと売りにくい時代なんでしょう。

賃貸物件でも、家庭菜園付きアパートを見たことがありますが、分譲マンションで根付くなら、賃貸マンションでも同様の付加価値を付けた物件供給が行われてくるでしょうね。

設備仕様。
目まぐるしく進化しますね^^;



posted by ゴン at 21:58 | Comment(10) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする