投資用マンション 勧誘トラブル急増

2010.11.28

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


本日のヤフーニュース配信です。

投資用マンション、勧誘トラブル急増 新手口「名刺交換」誘い水

産経新聞 11月28日(日)7時58分配信



■親切心につけ込み…深夜まで  

「新人研修です。名刺交換してください」
と街頭で声をかけられ、親切心で名刺を渡すと、投資用マンションの購入を勧める電話がかかってくる。

こんな新たな手口の営業が相次いでいる。
深夜までしつこい勧誘が続くケースもあり、国民生活センターで注意を呼び掛けている。


「マンションに興味はありませんか」。

記者の職場に電話がかかってきたのは、東京・大手町のオフィス街で「新人研修中」の男性(24)と名刺交換をした約2週間後だった。

「あのときは助かりました。一度会ってお話をしたい」というので、待ち合わせ場所に行くと、男性のほかに上司も同席。
上司は2千万円台の投資用マンションの勧誘を始めた。
上司は「名刺交換で企業を選ぶ。大企業や公務員でないとローンの審査が難しい」と説明。
「あなたは物件を持つ資格がある」と営業トークに力を込めた。
名刺交換した男性はほとんど話さなかった。

上司によると、30〜40人と名刺交換し、アポイントに成功するのは1、2人。
さらに、契約が成立するのはこのうち1割という。

昔は飛び込み営業だったが職場のセキュリティーが厳しくなり、約3年前からこうした営業を始めた。
名刺交換のノルマは「1日30枚」(男性)。
アポイントを取れなかった名刺は破棄するという。

(中略)

国民生活センターによると、平成21年度のマンション勧誘をめぐる相談は過去最多の5355件。
今年度はそれを上回るペースで増加中だという。

(中略)

マンションのほか、自己啓発グッズの売り込みもある。

同センターは「相談には『新人を応援しようと名刺交換した』との声もあり、親切心につけ込んでいる」と指摘。
「個人情報保護の観点から、安易に名刺を渡すことは危険だ」と注意を促している。



マンション勧誘。
進化?していますね〜^^;

ちなみに、
私が不動産投資を始めるきっかけとなったのがこの投資用マンションの勧誘でした(笑)

当時、勧誘を受けた物件は、東京池袋駅から徒歩圏の新築区分マンション。
ウル覚えですが・・・、表面利回り4%。。。

所得税が還付されて「節税になります」が勧誘のキーワードでした。
ようは、不動産所得で赤字にしてサラリーマン給与と損益通算して税金還付を受けるという、まやかしですね^^;

もちろん買いませんでした^^



posted by ゴン at 22:38 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする