明かりの未来 HIDとLED

2011.01.21

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


不動産賃貸業を行っていると、必ずお世話になるのが照明器具。
共用部照明や室内照明等、様々な場所で使われていますね^^

ランプの種類。
白熱電球、クリプトン電球、ハロゲン電球、蛍光灯、レフランプ・・・等々。
よくわからないぐらいたくさんの種類があります^^;

さらに最近、HIDLEDが普及してきました。


LEDは近年、住宅照明用として一気に普及しました。
当方も2009年、大阪マンション共用部の蛍光灯をLEDに交換し電力削減を行いました。

2009年当時は中国製しかありませんでしたが、最近は大手国内メーカーも相次いで製品化。
高性能化と低価格化が進んでいるようです。


一方、HIDは車のハロゲンヘッドライトに取って代わって普及してきました。
発売当時は、メーカーオプションで10万円近くしていましたが、最近では1万円以下で入手が可能です。

実は先日、約5000円で55WタイプのHIDを購入。
車のヘッドライトに取り付けてみました。

・・・
夜間の運転が楽しくなる位明るいです!!
正直、驚きました^^

ハロゲンとHID。
ロウソクと蛍光灯ぐらい明るさが違います!
(ちょっと大げさですが^^;)


技術革新は日進月歩。
白熱電球はもうすぐ無くなるようですし、次々に新しい商品が出てきますね^^



posted by ゴン at 23:27 | Comment(6) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする