太陽光発電で屋根活用

2011.01.24



先週末、太陽光発電のセミナーに参加してきました。


最近、賃貸住宅フェアをはじめ、至る所で目にする太陽光発電関連。
国を挙げてのキャンペーンが繰り広げられています。



特に今年3月末までの下記特例は特筆に価します。

@国の補助金(7万円/kw)
A初年度100%償却
B基準取得額の一部税額控除
C売電金額48円/kwhが10年間固定
D関西地区の場合、大阪市・堺市・京都市は自治体からも別途設置費用補助金



ちなみに、電力の買取りに必要な予算は、電気を利用する全ての国民が負担する「全員参加型」の制度。

つまり、各電力会社の電気料金に一律上乗せ請求されている事になります。

国の補助金+各国民からの負担金で、過去最大のキャンペーン期間中というわけですね。



セミナーを聞く限り、
低層木造アパートと軽量鉄骨アパートでは、確実に10%以上の表面利回りが得られそうです。

さらに、大阪市・堺市・京都市からの補助が得られる物件所有者で高額納税者の場合、投資に対する節税効果を加味すると初年度利回り20%以上の可能性も。



当初は太陽光発電システム投資に消極的でしたが、所有物件の内、4棟で見積りをお願いしてみることにしました。


家賃収入と異なり太陽がある限りほぼリスクゼロ。

空室の心配も無くほったらかしでOK。

10年間の収入(売電単価)が確定しているので、ほぼノーリスクミドルリターンの投資と言えそうです。



不動産投資も土地活用+屋根活用の時代。

収益が上がることはうれしいことです^^




不動産投資 ブログランキングへ



posted by ゴン at 22:34 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする