2010年確定申告書提出 貸借対照表と損益計算書

2011.03.19

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


2010年の確定申告書と青色申告決算書。
先日、最寄税務署に提出し今年もやっと開放されました。


青色申告決算書には、貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)が含まれていて、自分の経営状況を見る判断材料になります。


貸借対照表は、資産と負債、自己資本をまとめた表です。
銀行から融資を受ける場合、最重要の財務諸表ですね。

純資産 = 銀行の不動産評価額 − 借入金額

銀行から融資をうけるためには、純資産が多ければ多いほど有利です。
債務超過になってしまったら、キャッシュフローがプラスでも新たな融資はほぼ不可能です。


損益計算書は今期の業績をあらわした表です。
資産や負債の額も気になりますが、健全性確認のためには、今期の業績把握は重要です。


私は会計のプロではありませんので、複雑な分析まで出来ませんが、数年分の決算書を比較しながら眺めていると結構面白いです。


借金早く減れ〜って思います^^


この本結構面白いですヨ。



税金は「裏ワザ」で9割安くなる
大村 大次郎 著


posted by ゴン at 22:38 | Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする