東と西で異なる周波数

2011.03.26

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


東日本の周波数は50Hz。
西日本の周波数は60Hz。

現在電力不足に陥っている東京電力に西日本から余剰電力を送っていますが、その送電量には限界があるようです。


日本では電気を作る発電機は、明治時代に輸入されたとか。
当時、関東にはドイツから50Hzの発電機が、関西にはアメリカから60Hzの発電機が輸入されたことから、現在も静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境に東側が50Hz、西側が60Hzと2つの周波数が使われるようになったそうです。


一応、
電気事業法で事業者間の接続が義務付けられていて、電力融通は従来から行われています。

しかし、50Hz−60Hz間の周波数変換所が長野県と静岡県に合計3ヶ所あるそうですが、その容量がたった100万キロワットだそうです。
なので、西日本方面から東京電力に送れる上限容量は100万キロワット。
西日本方面で節電の努力をしても東日本にはあまり効果が無いそうです。


よく考えると、1つの国で複数の周波数が混在するのは珍しいですよね。
海外旅行はあまりたくさんしていませんが、世界的に見てもこんな国はあんまり無いのではないでしょうか。

国内で周波数を統一するには、片方の機器を総取っ替えしなければならず現実的でないのでしょうが、今回の大震災を機会に、もう少し対策が出来ると良いですね^^;



posted by ゴン at 22:38 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする