崖地の空中アパート

2011.05.04

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


よう壁や崖地に建つ建物。
たまに見かけますよね。

先日見学した収益物件もそうでした。

CA3A0368.JPG


空中に浮かんでいるかのような売アパート。
何人かの方は実際に見られているかもですね。

鉄骨で組まれた高床構造。
建物の下は駐車場に出来そうなぐらいの空間が広がっています。


しかし、崖地の評価は難しいです。
宅地造成等規制法では、
「地表面が水平面に対し30度を超える角度の土地」と定義されています。
崖地の傾斜方位や割合によって、最大約50%の評価減がなされるようですが、市場での取引価格はもっと低いでしょうね。

そこに目を付けた商売。
好立地の崖地を安く買って、造成後に利益を乗せて宅地分譲する業者様がおられるようです。

市場のひずみを利用して収益を得る
商売の王道でしょうか。



posted by ゴン at 10:58 | Comment(4) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする