鳥害マンション

2011.05.12

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


都市部を中心に良く聞くのが建物への鳥害
ベランダが鳥の糞で汚されているマンションをたまに見かけますよね。


これらの対策として、様々な方法が考案されているようです。

・鳥が止まる箇所に設置する剣山タイプ
・鳥が侵入する箇所(バルコニー等)に設置する防鳥ネット
・鳥が止まる箇所(手すり、配管等)に設置するワイヤー
・鳥が飛来する箇所に設置する臭い袋
・鳥が止まる箇所に電流を通す電気ショックシステム
・鳥の方向感覚を狂わせて建物に近づかせないようにする強力磁石
・鳥を音で驚かせる音響方式


鳥の中でも、特に被害が大きいのがハト。
ハトは、人に飼われていた歴史や岩場に住んでいた習性などから、マンションのベランダや橋桁などの人工的な場所にも好んで生息するようです。

特にバルコニーは、外敵から身を隠し、雨風や寒さをしのぐには最適の場所なんでしょう。
エアコン室外機の排水ドレンが近くにあったりしたら「水のみ場」まで完備^^;
鳥にとって最高の環境なんでしょう。

先日見学した売物件も酷い鳥害でした^^;

CA3A0371.JPG

写真の茶色く見える物体。
全て鳥の糞でした^^;


ハトと人間の関係。
古くは伝書鳩として旧来より人間と深く良いかかわりを持ってきました。
三国志の時代にも登場するぐらいです。
戦後日本でも、新聞社が伝書鳩を使っていたそうです。


本来、かかわりの深い関係。
これからも共存していくために良好な関係を築きたいですね。
ハト派?^^



タグ:ハト派 鳥害
posted by ゴン at 22:40 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする