日本だけで資産を持つリスク

2011.05.19

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


中部地方にある某都市へ。
関西から車で遠征してきました。

あるセミナーに参加してきたのですが、色々と考えさせられました。

現在の日本国の借金は900兆円弱。
「日本の借金時計」

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html


これらの借金。
海外からの借り入れはほとんどなく、約95%が国内でまかなわれています。
その原資は、国民の資産(貯金)。
国民資産の多くは、金融機関の口座を通じて大量の国債購入にあてられています。
(ゆうちょ銀行は約80%を国債で運用しています)

仮に将来、膨張し続ける債務残高が返済不能と市場が判断した場合。
国債価格が暴落(金利が上昇)し、国債残高に対する利払いが増大することになります。

過去の歴史を振り返ると、
昨年実質財政破綻したギリシャは長期金利が約13%、約13年前のロシア危機では長期金利が約80%にまで上昇しました。

「日本はデフォルトが絶対に起こらない」
とは誰も断言できないはずです。
少なくても地震リスクよりは高いように思います。


日本の不動産投資。
借金によるレバレッジ利用の是非がしばしば議論されますが、そのより深い本質は、日本だけで資産を持つ事のリスクではないかと思います。

「借金でレバレッジを利かせつつ、海外の財布を持つ」

投資資金の運用効率とハイパーインフレ等のリスク対策を兼ね備えた負けない投資方法を確立したい。
色々と頭を使った1日になりました。

狭い世界で狭い視野に閉じ込められないようにしよう。。。
早速、行動に移そうと思います^^



posted by ゴン at 23:22 | Comment(3) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする