屋外広告値下がり

2011.10.04

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


不動産賃貸業で受け取る「家賃」や「共益費」「礼金」「敷金」「月極駐車料金」等。
近年は、それぞれに値下げ圧力が高まっていますよね。

下記ニュースによると、
屋外広告の相場も例外では無いようですがその理由が面白かったです。


屋外広告料金、都心は5%下落 節電で値下げ圧力
2011/10/3 ヤフーニュース


屋外広告の料金が下落している。
原子力発電所事故による節電で夜間に照明を消すビルなどが増え、消費者の目に触れにくくなったためだ。
広告効果の低下を理由に値下げを求める企業が増えてきた。
急激な円高で企業が広告費を絞り始めたとの見方もある。

東京の新宿駅周辺で100平方メートルの看板を出した場合の料金は年間400万〜650万円と、前年より5%下がった。
首都高速道路沿いでは7〜8月に入って1カ月程度の短期契約の広告料金が下がっている。

ある大手自動車メーカーは首都高沿いの屋外広告を今夏に外した。
大手広告代理店は「消費者の目に触れる時間が減って値下げ圧力が強まった」という。
今冬も電力需給が逼迫して節電が広がれば下落傾向が続きそうだ。
位置情報を簡単に取り込める高機能携帯電話(スマートフォン)が普及し、待ち合わせなどに看板を目印とする人が減ったとの指摘もある。

屋外看板が少ないとされる大阪の梅田地区は年間700万〜800万円と一部を除いて横ばいだ。

電通がまとめた2010年の屋外広告費は3095億円と前年比4%減少した。
日銀の企業向けサービス価格指数(2005年=100)によると、屋外広告の指数は8月で97.4。
07年12月をピークに低下し、11年6月から0.5ポイント下がった。
(以上)



節電等の影響を考慮しても東京より大阪の方が賃料相場が高いことに驚きました。
大阪は屋外看板の数が少なく需要が締まっているのかな?


大阪のシンボル

52416382.jpg



スマートフォンの普及が相場に影響しているとの意見は新鮮です。

しかし・・・、
不動産賃貸業関連にも、たまには明るいニュースが欲しいですね^^



タグ:屋外広告
posted by ゴン at 19:30 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする