連帯保証人を提供するNPO法人

2011.10.31

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


賃貸物件の空室。
内覧→入居申込書を受け取るのは、家主にとって、至福の時です^^

ただ、あくまでも入居申込書。
後にキャンセル食らったり、連帯保証人がおらず家賃保証会社の審査が通らなかったり。。。

契約完了までは気が抜けず、様々な人間模様がありますよね^^;


審査時、一番問題になるのが連帯保証人の有無
連帯保証人がいない場合、かなり厳しい審査結果が待っています。
さらに、審査が通っても家賃1ヶ月分程度が保証料として必要です。


ところが最近、
連帯保証人を提供するNPO法人があるのをご存知でしょうか?

賃借人が賃貸住宅を借りる際、
このNPO法人が連帯保証し、ある家賃保証会社様が家賃保証してくれます。
利用料は・・・、なんと初回のみのたった8000円

元々は、ホームレスや路上生活者、ネットカフェ難民の社会復帰を支援する目的で始めた事業だとか。
8000円と低価格で提供する代わり、家賃7万円以上の賃貸物件は保証対象外。
でも十分ですよね!


社会的弱者が社会復帰するには、まず安定した住居が必要。
素敵なNPO法人様です。

一方で、貧困ビジネスの食物にされていないか・・・
ちょっと心配でもあります。

不正が横行して、こういった仕組みがなくならないよう。
社会全体で見守りたいですね。



posted by ゴン at 22:00 | Comment(6) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする