ハイパーインフレの悪夢

2011.12.19

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


今夏の通常国会での1場面。

「なぜ消費増税なんだ。なぜ何十兆でも赤字国債を刷らないんだ!」

とかみつく質問者に対し、与謝野経済財政担当相(当時)が、
「そういうことをするとどうなるか、良い本があるので送ります」
といったやり取りが行われました。


この時に取り上げられた本がこちら。


「ハイパーインフレの悪夢」
アダム ファーガソン (著), 黒輪篤嗣 (翻訳), 桐谷知未 (翻訳)





池上彰さんの解説付き。

もともとの原書は1975年刊行。
その後、長らく絶版でしたが2010年、ウォーレン・バフェット氏が「必読書」と語った旨の噂が広まり、古本市場で人気が爆発。
この古本に対して、最高で21万円の値が付いたというから驚きです。

版元はこの需要に応えるために2011年復刊。
それが今回ご紹介する本になります。


肝心の内容はと言うと、
1923年にドイツで起こったハイパーインフレ。
紙幣の価値が一兆分の1になった当時の様子が克明に語られています。

多くのドイツ国民が精神的・道徳的に崩壊していく中、一方で、一部国民が大金持ちに。
その違いは何だったのか?

とっても勉強になる名著だと断言できます。

日本も近い将来、ハイパーインフレになるとかならないとか。。。
色んな本が書店に並んでいます。
もちろん起こらないことを願っていますが、万が一起こったとしても、知っておくだけで取るべき行動が見えてきます。



著者は書いています。

「貨幣はただの交換手段にすぎない。
ひとり以上の人に価値を認識されて初めて、使われるようになる。
認識が広まれば広まるほど、それは便利になる。
誰も認識しなければ、ドイツ人が学んだように、その紙幣にはなんの価値も用途もなくなる。---壁紙や投げ矢として使う以外は」



一読をお勧めいたします^^



posted by ゴン at 23:25 | Comment(6) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者向け賃貸住宅経営

2011.12.20

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


最近、脚光を浴びている高齢者向け賃貸マンション。
アパート経営が厳しさを増す中、数少ない有望市場として注目を集めています。

そんな高齢者向け賃貸マンションのノウハウをまとめた本があります。


高齢者向け賃貸住宅経営で成功する法
大谷 光弘 (著)





<内容>

・高齢者社会の賃貸住宅経営のマーケット
・土地活用法を高齢者賃貸住宅経営でするメリット
高齢者住まい法の改正補助金
・平成23年法改正で誕生した「サービス付き高齢者向け住宅」利用のポイント
・サービス付き高齢者向け住宅の大家さんメリット
・大家さんの悩みを高齢者賃貸住宅経営で解決
・高齢者賃貸住宅経営の最強収益モデルを追求するとこうなる!
・実際の収入モデルと成功のポイント
・サービス付き高齢者向け住宅の管理運営ポイント
・高齢者賃貸住宅経営で利用できる資金制度


本書は、
高齢化社会の到来に際して、投資する側、運営する介護事業者、入居者、地域社会すべての人が喜ぶ土地活用法を紹介。
補助金を受けて最強の収益モデルを得る方法・ノウハウが全て網羅されています。


特に補助金の効果は大きいです。
新築の高齢者向け賃貸マンションも素敵なスキームだと再認識しました^^



posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家賃の請求書

2011.12.21

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


不動産賃貸業を行う上で一番重要なもの。
それは毎月の家賃受け取りですよね。

毎月、月始めになると入金確認が日課となります。

家賃については、一般的に請求書の発行はありません。
契約時に結ぶ、「賃貸契約書」で取り交わした通りにお支払い頂くものなので、賃貸契約書そのものが請求書だと言えます。


しかし、当方の不動産管理法人で自主管理している2物件については、
毎月、請求書を作成し各戸にポスティングしています。


CA3A0418.JPG


毎月決まった家賃、共益費、駐車場代だけなら請求書は不要ですが、
この2物件は、延滞手数料(滞納時)や、水道代(2ヶ月に1度)の家主請求があります。

さらに2年ごとの更新時期。
更新手数料や、代理店になっている入居者家財保険、家賃保証の契約更新でお金のやり取りが発生します。


なので、毎月請求書を発行することで、非定常な金額請求にも対応しています。
毎月請求書を発行することで、うっかり忘れの防止にもなっているように思います。


今年もあと10日弱。
今月末も滞納がないことを願っています。



タグ:請求書
posted by ゴン at 22:09 | Comment(2) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする