来年度も補助金がありそうです

2011.12.26

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


12年度の国家予算案が本日閣議決定されました。

注目すべきは、10年度から行われている、
「ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業」

該当すれば、施工費の最大1/3が補助される制度が、どうやら、来年度もありそうです^^



12年度予算案を閣議決定、民賃空き家改修に最大100万円助成

住宅新報 12月26日(月)配信



政府は12月24日、12年度予算案を閣議決定した。
一般会計予算は前年度比2.2%減の90兆3339億円となった。

住宅・不動産関連施策では、中古流通市場の環境整備に1億2000万円を計上。
宅建業者のリフォーム提案をはじめとするコンサルティング能力向上や、他業者との連携促進を行う。
また、病院など公益的施設での不動産証券化手法の活用に向けた環境整備にも1300万円を計上した。

加えて、民間賃貸を活用したセーフティネット整備に100億円を計上
適切な管理が行われることなどを条件に、民賃空き家の改修費用を戸当たり最大100万円助成する。

断熱性能向上や再生可能エネルギーの活用などで年間の一次エネルギー消費量が概ねゼロとなるゼロ・エネルギー住宅の推進にも23億円を計上。
同住宅に取り組む中小工務店に戸当たり最大165万円を補助する。




ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業とは、
高齢者や子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居等を条件として、既存の空家ストックに対し、耐震改修工事、バリアフリー改修工事または省エネルギー改修工事のいずれかを含む改修工事を行う事業に対して補助金が出る制度。

補助事業の要件に該当する改修工事に要する費用の1/3が
補助(空家の戸数×100万円を補助限度額)されます。


来年度も熱くなりそうです^^



posted by ゴン at 19:37 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする