法人税減税

2012.01.05

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ



昨年12月、平成24年度税制改正大綱が閣議決定。
高額所得者の所得増税や、自動車税減税が注目されましたが、最終的に小幅な変更でした。
ほとんどの検討事項が先送り。

とは言え、
昨年末に東日本大震災の復興費用関連の臨時増税を盛り込んだ復興財源法が可決。

消費税と合わせ、増税方向の流れです。


そんな中、法人税は平成24年度からひっそり?減税となります。


<法人税の変更概要>

@普通法人の税率は平成24年4月1日以後の開始事業年度から25.5%に引き下げ
A中小企業の軽減税率は平成24年4月1日以降の開始事業年度から15%に引き下げ
B復興特別法人税として平成24年4月1日以降の開始事業年度から法人税額に10%が上乗せ



中小企業の場合。
年間所得800万円までは、法人税が18%から16.5%に。
正確には、18%から15%へ3%減税となりますが、15%に10%の復興特別法人税(3年間)が掛かるので16.5%となります。


個人が消費税を含め増税方向となる中、法人税は企業の国際競争力を高める為に減税。
賃貸業も不動産管理法人の位置づけがまずます重要となりそうです。



タグ:法人税
posted by ゴン at 21:54 | Comment(4) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする