不動産管理法人の残高試算表

2012.01.17

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


6月決算のゴン不動産管理法人。
顧問税理士事務所より、12月まで半期分の残高試算表が送られてきました。

残高試算表とは、総勘定元帳の各勘定の残高のみを集計した試算表。
もともとは、仕訳に誤りはないかのチェックが主な目的でした。

ただ最近は、弥生会計をはじめとした数多くの会計ソフトが販売。
これらのソフトは、仕訳誤りチェックを自動で行ってくれます。

手書き記帳する事は今や皆無でしょうから、現在では事業の財務状況を確認することが主目的でしょう。


残高試算表を見ると、お金の流れや通期の収益予測を確認できます。
純資産が順調に増えているのが確認できるとやっぱり嬉しいものです。


一方、会社の改善点も見えてきます。

気になるのは、自己資本比率がまだ低いこと。
ゼロからはじめているので仕方ないですが、まだまだ精進です。


安定したインカムゲインにプラスして、資産組み換え時(売却時)にキャピタルゲインも得られるような物件選定をすることが必要だと再認識。

収益不動産は安定していますが一気に儲かりません。
人生と同様、気長な旅ですね^^



タグ:残高試算表
posted by ゴン at 23:59 | Comment(2) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする