税務署で納税証明書を交付請求

2012.01.24



現在、金融機関へ融資打診をしている購入予定の大阪マンション2号。


2012.1.20 「9棟目購入確定」



今回も不動産管理法人名義での購入を予定しています。


現在、複数の金融機関へ融資のお願いを打診中。
必要書類も最初に全て提出し、諸条件の交渉を行っています。


当方の希望(特に借入期間と借入金利)は各行へ依頼済み。

融資額、金利、融資期間を総合的に加味して希望に近いところでお願いしたいと思っています。


やり取りする中で、金融機関1行より追加書類の提出を求められました。

それは、税務署発行の「納税証明書」(その1からその4)。


納税証明書の提出を求められたのは今回がはじめて。

税務署受付印のある法人税申告書(もしくは電子申告の受付通知)+法人税振込領収書が証明になると思っていました。

金融機関によっては(融資担当者によっては?)審査で必要なのかもですね。



すぐに最寄税務署へ行って、交付請求。
待つこと20分、合計2000円の出費で納税証明書を受領しました。


DSC_0011.jpg




「法人税・消費税の申告所得と税額」
「発行日現在、未納および滞納がないことの証明」

が書かれています。



ここまで資料を求められたって事は・・・、
当然、好条件での融資内諾を期待したいものです^^





不動産投資 ブログランキングへ



posted by ゴン at 18:00 | Comment(7) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする