バルチック海運指数

2012.02.08

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


バルチック海運指数ってご存知でしょうか?

英国のロンドンにあるバルチック海運取引所が算出・公表する外航ばら積み船の運賃総合指数(1985年=1000)の事で、一般的に世界経済や商品価格の先行指標とされています。
海上の荷動き量から世界的な景気動向がわかるバロメーターですね。

株取引しておられる方なら日々チェックしておられるでしょうか。



バルチック海運指数チャート

gc.gif


2007年からのチャートを載せて見ました。
2008年9月15日に起こったリーマンショック。

バルチック海運指数は2008年5月20日をピークに暴落しています。
しっかりと先行指標の役割を果たしていたわけです。


そしてこの表の最後にある2012年2月3日。
リーマンショック後の最安値をあっさりと更新し、約25年ぶりの低水準まで下げています。
33日間連続下落。
暴落です。


この後、ユーロ危機の影響がじわじわと出てきそうな予感。
それとも中国か。。。

この先どのようになるか。
今回も先行指標として機能するのか見ものです。



posted by ゴン at 23:24 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする