住宅ローン 低金利競争が終焉?

2012.02.17

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


住宅ローン金利。
最近、凄く下がっていますよね。
ネット専業銀行の変動金利なんか0.7%台の貸し出し金利も見かけます。

今日の日本経済新聞1面。
そんな低金利競争にお国の横やり?が入るかもというニュースです。


住宅ローン、過度な低金利競争抑制 金融庁がリスク管理を検査

2012/2/17 日本経済新聞 朝刊


金融庁は全国の銀行を対象に住宅ローンに照準を絞った検査に乗り出した。
貸し倒れが増えるなかで、過度な低金利競争を抑制する狙い。
損失に備えて十分な貸倒引当金を積んでいるかや、損失が膨らんだ際に財務の健全性を維持できるかを中心に点検する。
銀行によっては低水準のローン金利設定や、融資審査基準の見直しを迫られる可能性もある。

同庁は2011事務年度(11年7月〜12年6月)の検査方針に、住宅ローンに関するリスク管理体制を重点的に点検することを盛った。
このほど本格検査に着手した。

(中略)

日銀によると、住宅ローンの貸倒率(09年度)は約0.4%。07年度の0.03%から急上昇した。
一方、競争による金利低下で銀行の採算は悪化している。
日銀によれば10年度の大手銀行の住宅ローンの利ざやは0.1%、地域銀行で0.5%。
銀行によっては逆ざやに陥りかねない。

住宅ローンの新規融資から撤退する銀行も出てきた。
住信SBIネット銀行は1月中旬からネット経由の新規の貸し出しを停止し、代理業に転換した。
貸出資産の中で住宅ローンが9割に達しており「資産のバランスが偏っていた」と説明する。

新潟県の塩沢信用組合は1月に住宅ローンから実質的に撤退した。
中央三井信託銀行は10年度に住宅ローンの新規融資を前年度の約半分に抑えたことがある。
民間金融機関の住宅ローン貸出残高は157兆円(2011年3月末)で、貸出全体の2割強を占める。



低金利で有名だった住信SBIネット銀行が新規貸し出しを停止したのは初めて知りました。

不景気で有力な貸出先が少ない中、住宅ローンに力を入れる金融機関が多いと聞きます。
貸出金利も需要と供給で決まるんでしょうけど、無理な貸し出しをしていないかチェックするということなのでしょうね。

給与収入が主な返済原資の住宅ローンなら、長期固定金利が精神衛生上安心な気がしますが、考え方は人それぞれですね^^



posted by ゴン at 22:54 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする