高圧受電設備

2012.03.23

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大規模修繕見積もり中の大阪マンション2号。
本日は高圧受電設備のお話しです。

このマンションには、100kVA強の高圧受電設備が設置されています。

イメージ写真


854652545.jpg


単に「キュービクル」とも呼ばれます。
6600Vで受電した電気をキュービクル内で100Vと200Vに変圧して建物設備に供給しています。

キュービクルには毎月の法定点検が義務付けられていますが、デマンド契約によって月々の電気料金は安く抑えられます。



大阪マンション2号は全10戸。
通常なら高圧受電設備が必要な規模ではありません。

ところが、この建物はバブル時代真っ最中に設計。
機械式駐車場、エレベーター、給水ポンプ以外にも、
屋上には、屋上庭園があり、可動式屋根テントやポンプで人工の川まで作っていました。

室内もジェットバスやサウナまで設置。
1Fにカラオケ店が入っていたことで、かなりの設備容量になっていたのが理由のようです。


現在、毎月の点検費用を数社で比較検討していますが、だいぶ相場が下がっているようです。
横並びの場合には、緊急時の対応がどうか(緊急時は、○○分以内にかけつけると明記等)で依頼先を決定したいと思っています。



posted by ゴン at 23:20 | Comment(2) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする