呪われた部屋

2012.05.08

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


ゴールデンウィークが明けて2日目。
客付仲介会社様から「お部屋の空予定出ていませんか?」の空室確認TELが増えました。

幸い、先月末も自主管理物件の退去連絡はなし。
今月も満室を維持出来そうです。
(北海道と長崎の管理会社様に頑張ってもらうのみです)


しかし、気になる部屋が1部屋。
滞納が発生しています。

本人に電話で督促すると、、、
詳細は書きませんが「微妙な理由」。。。
今月末に2ヶ月分を払うと言っています。

放置するとかなり危険なパターン。

正しい方法なのかは別にして、
こういった場合、今までは1000円とか2000円でもすぐに払ってもらう様にしつこく対応してきたのですが、今回は家賃保証会社に丸投げする事にしました。



この部屋。
呪われています。

・1人目の入居者(滞納期間2009年秋〜2010年夏)
 家賃滞納で強制執行。
 執行日には本人がいてましたがひょうひょうとしていました。
 (あの図太い神経、理解できなかったです)

・2人目の入居者(滞納期間2010年秋〜2011年夏)
 家賃滞納 → 夜逃げで強制執行。
 当然、執行日に本人はおらず、室内に放置された動産は一定期間保管後処分。


いずれも家賃保証会社に対応をお任せしましたが、私も法廷に立ちました。

2011年06月01日「建物明け渡しの強制執行へ」


そして今回の入居者様。
3人連続の強制執行とならないことを・・・祈ります。



posted by ゴン at 19:40 | Comment(4) | 5.兵庫マンション(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする