太陽光発電「全量買取制度」

2012.06.13

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


最近、太陽光発電がまた脚光を浴びていますね。


77774547.jpg



昨年度までは、「余剰電力の買取制度」だけでした。
賃貸物件に採用する場合、共用部で使った電気を差し引き、余った電気だけを売電。
なので、共用部の電気使用量が多い物件だと、実質利回りが低くなるのが一番の問題でした。


一方、今年7月1日からは産業用途向けに「全量買取制度」が新たに始まります。

全量買取制とは、太陽光発電したすべての電力を売電できるという方式。
自己消費した電力とは無関係に、全量買取してもらえるのが最大のメリットです。



753159.jpg



経済産業省の「調達価格等算定委員会」は今年4月、下記決定案を発表しました。
(まだ確定ではありませんが。。。)

 【委員会決定案】
  10kW以上は 全量買取価格 : 40円 /kWh(税抜)x20年間
  10kW未満は 余剰買取価格 : 42円 /kWh(税抜・税込)x10年間 (住宅用設置補助金有)



本日、ある太陽光発電の設置業者様から導入に関して具体的な説明を受けました。
導入費用、恐ろしく安かったです。

投資利回り20%は軽く超えそう。
しかも20年間買取金額固定で最終決定したなら、かなりメリットは大きいです。

早急に検討し、導入の可否を判断したいと思います^^



posted by ゴン at 23:49 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする