鑑定人が物件訪問

2012.06.21

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


先日、落雷被害にあった大阪マンション2号。

エントランスのオートロックシステムと、ビルトインマルチエアコン計10台が一気に故障。
いずれの故障も原因は「基板破損」でした。

各メーカーに見積もりを取ったところ、最終的な被害金額は数百万円にもなりました。


被害金額が大きく、事故原因が落雷とのことで、現状を確認するため、
損害保険会社様から依託された事故鑑定事務所の鑑定人が現場調査に来られました。

この被害金額なら当然でしょう。


お越しになった鑑定人にお話しを伺うと、主な業務は大きく分けて3つあるそうです。

@損害鑑定
 事故により焼損、破損、汚損等の損害が発生した財物の損害額を算定

A評価鑑定
 保険の対象となる財物に関する保険価額の評価業務

B事故原因の調査
 事故が保険契約の内容に照らして保険金支払いの対象となるか確認のための事故原因調査



今回は、損害鑑定が目的だったようです。
被害箇所の確認と修理費算定をされているようでした。

今回、特に確認されていたのが、被害設備の品番
今回被害を受けた基板は、商品自体が廃番品のため修理不可でした。
そこで、同等品交換で見積もりを取っていますが、本当に廃番品なのかを確認されているようでした。

あとは電源ルートの確認。
雷の進入路を確認されているようでした。


時間にして約30分。
特に問題なく調査は終了しました。

あとは、算定結果を損害保険会社様から待ちたいと思います。


余談ですが、
鑑定人様との雑談の中で、保険金目的で放火をする輩がいるという話しを聞きました。
二束三文の建物に高額な損害保険掛けて自ら火を付け、不当な保険金請求するそうです。

世の中には悪いことを考える人がいるものです。。。



posted by ゴン at 22:16 | Comment(6) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする