関西大家の会 脇田雄太(ワッキー)さんセミナー

2012.07.14

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


本日は、第13回目の関西大家の会でした。
今回の講師は脇田雄太さん。


<セミナータイトル>
  
 『不動産投資を「30万円以下」で始めて小金持ちになろう!』
 〜勉強と努力の不動産投資 「実質利回り30%超」×「実質入居率95%超」を実現〜



●脇田雄太さんのご著書

  



約80名の参加者様で賑わいました。

IMG_20120714_160530.jpg



<主な内容>

 ☆RC一棟マンションからボロ戸建て投資へシフトした理由
 ☆自己資金が少なくても不動産投資はできる
 ☆銀行に翻弄されず自分のペースで資産を増やそう
 ☆PC検索でお宝物件を見つける方法
 ☆ボロ物件を連続買いして資産を増やすルール
 ☆不動産が安くて賃貸需要が旺盛な地域の見つけ方
 ☆買っていいボロ物件と買ってはいけないボロ物件
 ☆広告料だけじゃない!自分の物件を優先的に紹介してもらう方法

                                ・・・等


セミナーでは、「5万円戸建」「ゼロ円戸建」のお話しも登場。

天気予報や青空駐車場を使った賃貸需要の旺盛な地域の見つけ方や、格安な職人の見つけ方等、面白い話が目白押し。
脇田さんがなぜ、大阪に住みながら遠くはなれた長崎でうまく不動産投資出来ているのか。
そのエッセンスが詰まった素敵な内容でした。


その後の懇親会は、恒例の飲み放題・食べ放題付き。
80名が3時間近くに渡って、各所で不動産投資に関する話に花を咲かせていました。

IMG_20120714_184223.jpg



ワッキーさん。
そしてご一緒した皆様。
ありがとうございました!



タグ:脇田雄太
posted by ゴン at 23:59 | Comment(2) | 関西大家の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青いポスト

2012.07.15

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


青いポストってご存知でしたか?


00002154.jpg



先日、大阪市内ではじめて見ました。
懐かしい丸型ポストはたまに見かけますが青色があったとは。。。

2009年06月27日「丸型ポスト」


この青色ポストは「速達専用」なんだそうです。
現在では大都市のごく一部地域に残るのみとなり、急速にその数を減らしつつあるとか。

確かに、最近の赤いポストは大型で速達の投函口もありますからね。
速達専用ポストは確かに不要かも。

調べてみると、青色ポストは現在全国に100本少々あって、その過半数が大阪に設置されているそうです。
せっかちな大阪人向きのポスト?

本当に速達で届くのか試したくなります^^



posted by ゴン at 23:45 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の中心「梅田」は「埋田」だった

2012.07.16

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大阪人なら誰もが知っている梅田


5200001.jpg



関西版東京駅みたいな感じでしょうか。
JRの他、阪急電車、阪神電車、地下鉄の駅が複数あり、ホテル、百貨店、事務所ビル、歓楽街などが集積しており、通称「キタ」と呼ばれています。

一方、梅田から南へ4km程度離れた地域にあるのが難波。
難波周辺は「ミナミ」と呼ばれ、梅田周辺の「キタ」と共に、大阪を代表する二大繁華街です。


2009年11月23日「キタとミナミ」



ところで、「梅田」は元々「埋田」と呼ばれていたのをご存知でしょうか?

江戸時代以前、この付近は低湿地帯だったそうですが、埋立てて田畑を拓いたことから「埋田」と呼ばれるようになったそうです。
しかしその後、埋田では印象が悪いということで、梅田になったのだとか。

地名に歴史ありですね。



梅田に関してのもう一つの疑問。
阪急電車だけが、梅田の「田」の字の「+」部分が「メ」になっています。


00005214.jpg



昔から不思議でした。。。
何でだろう。
調べてみたら理由が書いてありました。



阪急電車には梅田、園田、池田、吹田、山田、富田と5つ「田」の付く駅があります。
自動改札機が普及する前、駅員が目で瞬時に見分けることが不可能だったことから、利用客の最も多い梅田駅の「田」の字を変えて区別したのが始まり。
自動改札機に変わった現在でもその名残が残っているのが理由だそうです。


言われてなるほど!ですね^^



posted by ゴン at 16:41 | Comment(0) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする