在来浴室のリフォーム

2012.10.05

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


在来タイプでタイル施工されたお風呂。
昭和築の一戸建に多いですよね。
浴槽も長年の使用で汚れていたりします。

以前所有していた大阪戸建1号もこのタイプでした。
リフォームでは、浴槽を交換し、タイル部分はパテ埋めしてダイノックシートを貼りました。


P1080521.JPG



P1010743-1.jpg



見た目のインパクトがあり、コストも安く上がりましたが、耐久性が少々微妙です。
今でもダイノックが剥がれず使えているかは、新しい所有者様にしかわかりません。



現在リフォーム中の奈良戸建1号。
同様タイプのお風呂になっています。

今回のリフォームでは、キッチンパネルを転用しタイルの上から貼ってもらいました。


IMG_20120811_124336.jpg



(施工中)
IMG_20121005_084404.jpg



オシャレ感は少々弱いですが、UB風?な仕上がりは清潔感が抜群。
なにより耐久性は全く問題ない仕上がりと思います。

ユニットバスに入れ替えてしまえば綺麗になりますが、一等地でない賃貸物件の場合、なかなかコストが合いません。
見た目のインパクトと使い勝手を含めた耐久性、リフォームコストと家賃設定。
それぞれのバランスがなかなか難しいです。

リフォームも毎回勉強ですね^^



posted by ゴン at 22:00 | Comment(2) | 15.奈良戸建1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする