入居クレーム

2012.10.27

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


先日、新たに入居となった部屋がありました。
ところが、入居翌日になって仲介会社担当者様経由でクレーム?がありました。
担当者様から聞いた内容は6つ。


@消火器を設置して欲しい
Aカーテンレールを取り付けて欲しい
Bふすまの動きが悪いので直して欲しい
C洗濯機の接続方法が分からないので取り付けて欲しい
D通風口をガムテープで塞いで欲しい
E洗面所に貯めた水が勝手に減る怪奇現象が起こる




^^;


本当のトラブルは、ふすまの動きぐらいでしょうか。
その他は、「ご自由にどうぞ」って感じです。

消火器を部屋に置くのは自由ですが、家主が用意すべきとは思えません。。。
水が勝手に減る怪奇現象・・・。
普通に考えたらゴム栓から洩れていると考えるのが普通です。


今回の入居者様は若い女性。

先日、お友達大家さんとの情報交換したとき、
「室内の電球が切れたので交換して欲しい」ってお願いもあると聞きました。


本来、多くの賃貸借契約書では、電球やパッキン等の消耗品交換は賃借人の範囲。

最近の若い人は、何でも他人にお任せって方が多いのでしょうか。
もちろん、末永く住んで頂けるなら喜んで対応しますが、もう少し自分で努力して欲しいと思うのですが・・・、家主側の身勝手な意見なんでしょうかね。



タグ:クレーム
posted by ゴン at 20:30 | Comment(2) | 13.奈良マンション2号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする