アパートローン系金融機関から融資内諾

2012.11.15

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


先月買付けを入れていた物件。

2012年10月21日「根抵当権設定登記完了と買付」


売主様の諸事情でなかなか話しがまとまりません。

売買価格は折り合っているのに約2週間待ちぼうけ。。。
慌てず、もうすこし粘り強く待ちたいと思います。


一方、購入資金の融資依頼を取引先金融機関に打診。
その後、アパートローン系金融機関1行から融資内諾をもらいました。

アパートローン最大の魅力は低金利&固定金利。
日本は現在、歴史的に見て稀にみる低金利です。

賃貸経営の実績を積めば、2年固定や3年固定は1%前後。
5年固定や10年固定でも1%前半での借り入れが可能です。

私の場合、出口を見据えつつ総借入れ額の約70%を固定金利化しました。
一方、プロパー融資を固定金利化するのは、かなりハードルが高いです。
(私の借入れも却下されました。)


サラリーマン大家さんなら、アパートローンは検討に値すると思います。
では、脱サラした私がなぜアパートローンで借り続けることが可能なのか?

関西大家の会会員さんの中に、
サラリーマンで13億円ものアパートローンを借りている方がおられます。

私自身もアパートローン系金融機関担当者様と情報交換し、
アパートローンを借り続ける方法があることが最近分かってきました。
(特定のアパートローン系金融機関だけかもですが、、、)

実際、10億円以上もアパートローンを借りている方がおられるわけですから、
十分可能だと思います。


その方法とは何か。
この物件が買えたら書きたいと思います^^



posted by ゴン at 23:00 | Comment(2) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする