入居審査と管理利回り

2013.01.14



不動産投資の方法は様々。
正解が一つで無いところが面白い業界ですよね。

・新築と中古
・都市部と地方高利回り
・アパマンと戸建、区分
・レバレッジと現金


いろんな切り口で考えてみても様々な考え方があります。

私の場合、地方高利回り木造アパート、都市部劇古ビル、積算型RC造マンション、戸建、区分。
新築以外は、一応、一通り行っています。

どの投資法も排除せず、それぞれの投資法に設けた基準に当てはめて、投資可否を判断しています。


ただ、どの投資法においてもこだわっている部分があります。
それは、入居者様の質

検討している物件はどのような属性の入居者が想定されるか?
管理手間が掛かる入居者層は、何かと苦労します。


2006年に不動産賃貸業をはじめて今年で8年目。
関西の自主管理物件で、2ヶ月以上家賃滞納された事例は過去3軒ありました。
いずれも家賃保証会社様から代位弁済を受けましたが、その後、いずれも退去となりました。
(内一軒は強制執行まで行きました^^;)

しかし、これ以外で1ヶ月以上の滞納事例はありません。

重要なのは、入居時の審査。
過去滞納された3軒は、「満室になるし、まあいっか」て感じで決めてしまったのが原因でした。
今から思えば、入居申込書の時点でなんとなく感じることが出来る方々。

せっかくの入居申込み。
でも怪しいと思ったら思い切って断わる勇気も必要だと思います。



「管理利回り」
定量的表現ではありませんが、
属性の良い入居者様は管理利回りが高い(=手間が掛からない)といえます。

入居者属性の観点から、
高利回りだけど管理手間の掛かる物件と、ほどほどの利回りだけど管理手間が掛からない物件。

これも投資スタンスの考え方ですね。
あっ、もちろん目指すは「高利回りで管理手間の掛からない物件」です^^



posted by ゴン at 22:50 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする