良い管理会社とは

2013.01.30



当方の遠隔地物件。
長崎市、札幌市、千歳市にあります。

全て管理会社様に管理依託しています。
いずれの管理会社様も優秀。
とても助かっています。


ところで、たまに管理依託していない管理会社から「提案書」が郵送で届きます。
一言で言えば、「管理会社切り替えませんか?」と言った内容。

・当社は管理戸数○○○○、客付力に自信あり!
・満室目指して日々営業いたします
・数多くの媒体に募集広告を掲載!

といった抽象的なものから、


・現在の空室が満室になるまで管理手数料不要!
・管理手数料1室○○○円/戸にします

等々。
様々な提案書が届きます。

私は、今の管理会社様から切り替えるつもりは全くありませんが、管理会社様とコミュニケーションがうまくいっていない家主さんは、こういった提案書をみて、少し話しを聞いてみようかな、と思うのかもしれないですね。



良い管理会社を見分けるのは難しいです。
だた言える事は、単に管理コストが安いから良いのではなく、高入居率を維持してくれる事が賃貸経営では一番重要。


たとえば退去通知を受けとった場合。

ほとんどの管理会社様は、「わかりました」で終わり。
良い管理会社様は、「住居に何かご不満がありましたか」とまず理由を尋ねます。

何か不満があっての退去なら「問題解決=継続入居」の可能性が出てきます。


転勤や結婚等による理由は仕方ないですが、
「契約更新時期だから」「家賃が高い」といった金銭的なものから、「エアコンの効きが悪くなった」という設備上の原因によるものも結構あります。

更新時には、火災保険料や家賃保証料等、入居者様にとって意外と出費がかさみ引越し理由となりがち。
家賃を含めた金銭的理由の場合、減額交渉等で折り合う可能性があります。

エアコンなんかの設備類は交換すれば即解決。
この程度で退去されるぐらいなら交換して解決しちゃいましょう。
一言聞けば分かることです。


自主管理でも通ずることですが、「経営者感覚」を持った管理会社様が一番素敵なんだと個人的には思います^^



タグ:管理会社
posted by ゴン at 18:30 | Comment(4) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする