避難器具「パラシュート」

2013.02.26



「避難器具」
ある程度の建物規模になると必ず設置されています。

マンションやアパートなどの共同住宅の場合。
2階以上で各階の収容人数が30人を超える場合、避難器具の設置が義務付けられています。

設置場所は「二方向避難」を満たすことが基本。
通常使う出入口とは反対の方向に設置することが原則です。

なので、ベランダに設置されることが多いですよね。
避難器具には、緊急避難ハッチ以外にも緩降機や、救助袋等の種類があります。


万が一、火災が起こった場合の命綱。
入居者様の為に、定期的な点検は必須ですね。



ところで、「高層マンション用緊急避難パラシュート」が販売されているのをご存知でしょうか?



d39dcfca.jpg



一見、普通のかばんに見えますが中身はパラシュート。
いざ火災等が起こったら、こう使います。



realfunc2.jpg



realfunc3.jpg



realfunc4.jpg



toronto_gr.jpg



わかります?
背中に背負ったかばんがパラシュートに早変わり!

怖いです。。。
私には飛べません(キッパリ
火災で死ぬぐらいなら・・・、と飛べるのかな^^;


楽天で類似商品が約25万円で販売中。
高層マンション上階にお住まいの方。いかが?^^



posted by ゴン at 20:30 | Comment(6) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする