不動産投資の破壊的成功法

2013.03.23



2005年だったでしょうか。
一世を風靡した不動産投資本が発売されました。



『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』
金森 重樹(著)





当時、大いに刺激を受けた本の1つです。
この翌年、不動産投資を始めた訳ですが、この本に背中を押してもらったような気がします。

先月、この本の改訂版が発売されました。



『改訂版 不動産投資の破壊的成功法』
金森 重樹(著)





早速、購入し読破。
富裕層が節税目的で行う木造耐用年数切れ物件への投資にも配慮した内容に。
また、関西不動産事情に関する新たな追記もありました。
この中で、いつもお世話になっている栗本唯さんが登場しています。


『収益用アパート・マンション物件を相場より高く売る方法』
栗本 唯(著)





改訂版を読んで、2005年当時を思い出しました。
サラリーマンをしながら、日々、物件資料とにらめっこ。
1日4〜5時間は不動産投資の勉強や物件調査等に費やしていた様に思います。

あれからもう8年もたったのか、、、と、この本を読んで改めて思いました。
あの頃の初心を忘れず、日々邁進していきたいです。



posted by ゴン at 18:30 | Comment(2) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする