脅威の格安エアコン

2013.03.31



週末のチラシに目が点となりました。



DSC_0055.jpg



アウトレット品とはいえ、6畳用新品エアコンが19800円
春先は、新商品との入替え時期なので多少は安くなる時期ですが、私が今までに見た中で最安値。

デフレ脱却が叫ばれていますが、まだまだ世の中デフレ基調!?
環境性能が優れていて安いエアコンならさらに大歓迎ですね^^



ところで、お隣韓国では、エアコンつけたままドアを開放すると罰金20万円という法律があるのをご存知でしょうか?


韓国、エアコンつけてドア開放→過料最高20万円!
2012/06/08 産経新聞


冷房による電力消費が増える季節になった。
昨年、残暑期の電力需給の見積もり失敗で大規模停電が発生、閣僚の首が飛んだ韓国では同じ失敗を繰り返すまいと1日、「電力の過消費を防ぐためのエネルギー使用制限措置」という政令が公告された。
この中に設けられた「開門冷房営業制限」という項目で、違反者に厳しい過怠金(過料)を科すことになった。

出入り口が屋外に直接面した店舗などでドアを開けたままエアコンを使用しているところを摘発されると、まず警告。
2回目に摘発されると50万ウォン(約3万3000円)が科される。
その後、過料の額はつり上がり、3回目で100万ウォン(約6万6000円)、4回目で200万ウォン(約13万2000円)、5回目以降は摘発ごとに300万ウォン(約19万8000円)となる。

産業用を中心に電気料金が比較的安いとされる韓国だが、ウォン安と原油価格高騰が続き、エネルギー浪費への国民の意識を変える必要性に迫られている。

学校や公共機関のほか事業者登録をしている全国すべての企業の事務所、売店、商店、店舗が対象だが、最大のターゲットは明洞(ミョンドン)など、日本人にもなじみ深い観光商業地にある化粧品や土産物を扱う店、カフェといった飲食店だという。




日本でも、明日4月から多くの電力会社で料金値上げ。
益々、「節電」がキーワードになりそうですね。



posted by ゴン at 22:45 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする