市営のシェアハウス

2013.06.08



京都にトキワ荘復活!?


<平成版トキワ荘>入居者5人募集…漫画家志望を支援 京都
毎日新聞 6月5日(水)配信



001.jpg


若手漫画家を育成するための共同住宅「京都第1トキワ荘」に改装される町家
=京都市上京区で2013年6月5日、花澤茂人撮影



京都市は5日、漫画家志望の若者が共同生活しながら腕を磨く「平成版トキワ荘」を今年8月に開設するのに向けて、入居者5人を6日から募集すると発表した。
トキワ荘は1950年代に手塚治虫ら多くの漫画家が若き日を過ごした木造アパート(東京都豊島区、82年解体)。
漫画・アニメによる活性化を掲げ、ビッグネームを多数輩出した伝説のアパートの再現を目指す。


京都市上京区の町家を借り上げて改装し、「京都第1トキワ荘」と名付ける。
6〜8畳の5部屋があり、風呂、トイレ、台所は共同、家賃は光熱費など込みで月4万5000〜5万円。
対象は漫画家を目指す18〜29歳の男性で3年をめどに将来性などを見極め、更新を検討する。
女性専用の「京都第2トキワ荘」も整備し、今年9月から募集する予定。
13年度の事業費は約1400万円。

入居者にはアシスタントなど漫画関連の仕事が紹介され、京都国際マンガミュージアム(同市中京区)の入館がフリーになるなどの支援もある。
門川大作市長は「漫画家志望者は東京に集まる傾向があるが、京都には1000年を超えて物語や文化を育んできた力がある。西の漫画家の集積地にしたい」と話している。




コンテンツ産業の振興を図ろうと展開する京都市の新事業。

面白い試みではありますが・・・、なぜ、お役所がシェアハウスをする必要があるのか。
ちょっと疑問。。。と思ったら、運営は東京のNPO法人が請け負うんだそうです。

賃貸業も益々差別化の時代ですね。



+++

手塚治虫といえば、「鉄腕アトム」が大好きでした。
小さい頃、テレビで再放送?をよく見ていたのを思い出します^^



posted by ゴン at 17:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする