所有物件の再検証

2013.08.22



私が不動産賃貸業をはじめたのが2006年。
その後、毎年収益物件を購入してきました。

毎回、購入検討時に行っているのが自作エクセルシートを使った投資判断。
30年先までのシミュレーション表を自動計算させ、購入判断の材料にしています。

表面利回りやキャッシュフローは当然ですが、IRR、投資資金回収率、DSCR、NOI利回り、BER、CCR、FCR等の計算結果も自動で出るようにしています。

しかし、これらの計算結果はあくまで机上計算。
どのシミュレーションソフトもそうですが、シミュレーション結果は想定数値に基づいています。


この問題を解決するには、購入後の定期的な検証が必要になります。

実際に運営してみてどうだったかを収支計算にフィードバック。
定期的に収支計算ソフトを修正することで精度があがります。

最近、久しぶりに全所有物件の検証を行ってみました。
5年以上保有した物件の一部で、売り時かなと思われる計算結果がちらほら。

先日書いた、個人所有の長崎アパートを資産管理会社へ売却する検討をしているのもこの計算結果に基づいています。


過去6回ほど資産売却しましたが、現在は今まで以上に市況が売り時なので真剣に資産入れ替えでの売却を加速検討する適期かもですね。
希望値で売れればですが。。。



posted by ゴン at 23:50 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする