火災保険の保険料交渉

2013.10.22



不動産賃貸業と火災保険はきっても切り離せません。
リスク回避で火災保険に入るのはもはや当たり前ですよね。

火災保険は、普通、建物ごとに契約することが一般的です。
ところで、法人名義で加入する場合、火災保険料の交渉が出来るのをご存知でしょうか?

「法人向け火災保険料は交渉できる時代」
自由化されていることは意外と知られていません。

相見積もりを取って単純に比較をしていないでしょうか?
優秀な保険代理店だと、様々な割引が適用になる様、素敵な提案をしてくれます。



火災保険料は平成15年度から値上げとなります。

火災保険料、引き上げへ=15年度にも、3〜5%
時事通信 10月22日(火)配信


住宅や家財道具を補償する家庭向け火災保険の保険料が、2015年度にも引き上げられる見通しとなった。
自然災害の増加などで保険金の支払いが増え火災保険の収支が悪化しているため。
損害保険各社で構成する損害保険料率算出機構は22日までに、火災保険料の算出基準となる「参考純率」について、3〜5%程度引き上げる検討に入った。

台風や豪雨などの自然災害の増加や住宅の老朽化により、水漏れ事故などが増える傾向にある。
機構は損保各社の実績を検証した上で、今年度末までに金融庁に改定を届け出る。
参考純率改定を踏まえ、損保各社は自社の火災保険料引き上げを検討する。

実際に保険料が引き上げられると、ある大手損保の契約者の場合、木造の一戸建て住宅で年間約1000〜3000円、マンションで同数百円の負担増となる。




素敵な代理店とタッグを組むことで、火災保険料の見直しを検討した事が無い法人オーナーは劇的に保険料が下がるかもですよ^^
少なくても、値上げになるコストアップ分は吸収できるかも!?

複数棟お持ちの法人オーナーなら、包括契約も面白いと思います^^



posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする