調合確認で外壁塗装色確定

2013.11.19



札幌、いよいよ寒くなってきましたね。
昨年の大雪が理由なのか、今年は排雪を頼める業者がすでに予約で結構手いっぱいになっているようです。

冬本番近しですね。



今年は、札幌マンション1号2号の大規模修繕や札幌マンション3号の購入がありましたので、かなりの頻度で来札しています。
現在、外壁塗装工事が進む札幌マンション1号、2号。
工事中盤になって色の問題が発生しました。

2013年11月12日 塗装色の指定は難しい


先日、管理会社の担当者様、施工業者様、デザイナーさんを交えて現地で色の調合確認(試し塗り)を行って頂きました。
問題のサーモンピンク
塗装色と指定した色見本を照らし合わせましたが全く一致



塗装業界で「面積効果」という言葉があります。

小さな面積 → 低明度に感じられる ⇒ より暗く見える
大きな面積 → 明度と彩度が高く感じられる ⇒ より明るく見える

CCCCC0D1B8FAB2CC20-20484.jpg



色見本帳(小さな面積)で色を選んで、建物(大きな面積)に塗ると明るく見えるという事です。
ポイントは、ちょっと濃い色を選ぶと希望に近い色になります。

正直、今回はデザイナーさんの色指定が少しまずかったようですね。
悪気は無いので仕方ないです。

最終的に、もう少しダークなピンクをセレクトしました。



ちなみに、よく使われる日本塗料工業会の色見本帳。
建築物以外にも、設備機器やインテリアカラー、ファッションカラー等に用いられる実用色が収録されています。
つまりそれは、この中に色の彩度、明度によって外壁にふさわしくない色も多く含まれているということです。


今回は私も勉強になりました。
完成が楽しみです^^



posted by ゴン at 21:00 | Comment(0) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする